釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

管釣りを始めよう!!管釣りを始めるときに必要なものを紹介!!

      2018/03/05

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

管釣りを始めよう!!管釣りを始めるときに必要なものを紹介!!n1301204994

管理釣り場は手軽に釣りを楽しむことができるので、あまり釣りをしたことがない方でも釣りを楽しむことができます。今回の記事では、管釣りを始める時に必要なものを紹介します。

 

管釣りとは、管理釣り場のことで人工的に作られた池や湖に養殖の魚が放流してある釣り堀のことを言います。

 

 

管釣りでも日によっては条件が悪く、なかなか釣れないこともありますが、自然の川や湖に比べれば魚がいることも分かっているし放流もあるので釣りやすいです。

 

家族や恋人と一緒に釣りに行こうと思っている方や釣りを初めてみようと思う方にはとてもオススメです。

 

 

今回の記事では管釣りを始める時に必要なものを紹介するので、管釣りを始めてみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

それでは管釣りを始める時に必要な物を紹介します。

1、タックル

 

 

 

ロッド・リール・ライン・ルアーのセットをタックルと言います。

 

 

釣りをする場合はタックルが必要です。管釣りの場所によってはレンタルタックルもありますが、何度も行く場合は安いものを買ってしまうのがいいと思います。

 

タックルは高いもので全てを揃えると10万円以上してしまいますが、安いものであれば15000円ぐらいで揃えることができると思います。

 

本格的に管釣りを始めようと思ったら、ハイエンドモデルの値段の高いタックルを購入するのもいいと思いますが、エントリーモデルの値段の安いものでも十分に管釣りを楽しむことができます。

 

 

 

 

トラウト用ロッド

安いものでは3000〜5000円前後で購入することができます。

 

 

安いロッドでも十分使えますが、シマノやダイワなどのメーカーから出ているエントリーモデルのロッドを購入しようと思うとだいたい1万円ぐらいします。お金に余裕があるなら、1万円前後のちゃんとしたメーカーのロッドを購入した方がいいと思います。

 

ロッドの長さは6ft前後で柔らかさはウルトラライトかライトのロッドがオススメです。

 

1万円以内で買える!初心者にオススメのトラウトロッドを紹介!!

 

 

トラウト用リール

トラウトを釣る場合、アタリはリールの巻き心地の違いやラインを見て取ることが多いです。

 

なので、トラウト用のリールを購入する場合はなるべく良いリールを購入するようにしましょう。

 

安すぎるリールを購入するのは絶対にやめておいた方が良いです。

 

 

管釣りの場合とても軽いスプーンを使うこともあるので、キャストするときにテンションがかかりづらく、ライントラブルがおきやすいので、リールにはお金をかけるようにしましょう。

 

 

管釣りだけをするなら1500番のリールで良いと思いますが、他の釣りもしようと思ったら2000番ぐらいのリールを購入するのが良いでしょう。

 

 

 

 

トラウト用ライン

特にこだわりがない場合は値段の安いナイロンラインを使用するのが良いと思います。

 

PEラインを使う方もいますが、PEラインは値段も高いので、ナイロンラインの方がオススメです。

 

 

ラインによって使い心地も変わりますが、釣りを始めたばかりだとそこまで気にならないと思います。何度が釣りに行って、ラインを交換しなければいけなくなった時に、必要であればPEラインに交換するのが良いと思います。

 

 

釣り糸(ライン)の種類について紹介!!

 

トラウト用ルアー

ルアーはあればあるだけ良いです。

 

管釣りをする場合、1番お金がかかるのがルアーです。

 

トラウトを釣る場合は色々なルアーを使います。中でもスプーンはよく使われるルアーで、種類やカラーが沢山あります。

 

 

状況によってカラーを変えたり、グラムを変えたりすることが釣果に繋がるので、トラウト用のルアーは豊富な種類用意しておいたほうがいいでしょう。

 

管釣りに行く場合は、ちゃんとルアーを用意していかないと状況によってルアーを交換することができないので全然釣れません。

 

 

なので管釣りに行く場合にはスプーンは20個ぐらい用意して、他にもトラウト用のルアーを用意して行くようにしましょう。

タックルが揃ったら管釣りに行こう

 

 

タックルが揃ったら管釣りに行きましょう。

 

ネットなどで調べてみれば、自宅近くの管理釣りを見つけることができると思います。管釣りに行ったら流れ込みなど、魚が集まる場所を探してどんどんキャストしていきましょう。

 

ルアーを変えながらどんどんキャストしていれば、釣れるカラーが見つかると思います。

 

 

こんな記事もオススメです。

 

 

1万円以内で買える!初心者にオススメのトラウトロッドを紹介!!

エリアトラウトを始めよう!エリアトラウトを始める時に必要な道具を紹介!!

管理釣り場に行こう!!トラウト用のロッドの選び方を紹介!!

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - トラウト