釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

友釣りを始めよう!!友釣りを始めるために必要な道具について紹介!!

      2018/03/05

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

友釣りを始めよう!!友釣りを始めるために必要な道具について紹介!!

鮎は縄張りを作る魚で、縄張りに入ってきた魚を追い払う習性があります。この習性を利用したのが友釣りです。今回の記事では、友釣りの釣り方について紹介します。

 

鮎の釣り方で有名なのが友釣りです。他にも、餌を使ったりルアーを使ったりしても鮎を釣ることはできますが、鮎を釣る場合は友釣りで釣る方が多いと思います。

 

友釣りとは、鮎の習性を利用した釣り方で、おとりの鮎を野生の鮎の縄張りに送り込むことで、おとりの鮎を追いかけさせて、針にかける釣り方です。

 

 

友釣りは、餌釣りなどに比べて、おとりの鮎を送り込むことは難しいですが、初心者の方でも比較的簡単に鮎を釣ることができます。

 

今回の記事では、友釣りの釣り方を紹介するので、友釣りをしてみようと思う方はぜひよんでください。

 

 

それでは、友釣りの釣り方を紹介します。

 

 

友釣りに必要な道具

 

 

 

友釣りは敷居が高いと思う人の多くは、道具の多さや鮎竿の値段の高さが気になっていると思います。

 

ですが、鮎竿は値段も安いものも増えてきていたり、仕掛けも市販品が売っているので、初心者の方でも簡単に友釣りを始めることができます。

 

友釣りをしてみようと思う方はぜひ道具を揃えてみてください。それでは簡単に友釣りに必要な道具を紹介します。

 

 

 

 

鮎竿

 

 

鮎竿は9m前後のものがオーソドックスな長さです。ただ、あまり長いと使いづらいので、初めての方は8mや8.5mぐらいの長さの操作しやすい鮎竿を購入するのがいいと思います。

 

鮎竿は高いものは何十万円もして、ものすごく高いですが、エントリーモデルでも十分釣ることができます。

 

エントリーモデルの安いものでも3万円ぐらいするので、高い釣竿ですが、中古の流通量も多いので、初めての方は中古の鮎竿を購入するのがいいと思います。

 

 

 

オトリカン

 

 

買ったおとり鮎を入れたり、釣ったの鮎を運搬する時に入れておく陽気です。

 

移動が長いと買ったおとり鮎が弱ってしまうので、移動中におとり鮎が弱ならないようにエアポンプの付いているものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

引き船

 

釣りの最中に鮎を入れておくための容器です。

 

オトリカンから、使うぶんのおとり鮎を入れて移動する時に使います。

 

前方から水が入ってくる仕組みになっていて、腰の鮎ベルトに繋げて、引き船を水中に入れておくことで、鮎を弱なせないで生かしておくことができます。

 

 

たも網

 

 

釣った鮎をキャッチする時に使うだけじゃなく、おとり鮎にハナカンをセットしたり、仕掛けをセットする時にしようするので、友釣りをする場合は無いと仕掛けをセットすることができません。

 

 

 

鮎ベルト

 

腰に巻いておくベルトで、タモを挿しておいたり、引き船を繋げておいたりするのにしようします。

 

 

 

鮎ウェーダー

 

 

鮎を釣る場合は水中に入っていかなければいけないので、ウェーダーが必要になります。

 

鮎タイツと鮎タビが一体になっているものがあるので、そういったものを選ぶのがいいと思います。

 

また、友釣りは川の中に入っていって釣ることが多いので、ウェーダーは肌に密着したタイプを選びようにしましょう。

 

 

 

ベスト

 

釣り用のベストには色々な種類がありますが、ベストも友釣り専用のモデルを選ぶようにしましょう。

 

友釣り用のモデルなら、針や仕掛けが収納しやすくなっています。ベストに使う道具は全て収納して、バックなどは持っていかないのが一般的です。

 

 

 

完全仕掛け

 

友釣りの仕掛けは、天上糸・水中糸・ハナカン仕掛けのパートがあります。これを初心者の方がセットするのは大変だと思います。

 

なので、初めての方はこれらが一つになっている完全仕掛けを使うのがオススメです。完全仕掛けであれば、完全仕掛けを鮎竿に取り付けて、イカリ針をつければす部に釣りをすることができます。

 

 

こんな記事もオススメです。

 

【鮎釣りを始めよう】初心者でも釣れる!!鮎の釣り方の種類について紹介!!

管釣りを始めよう!!管釣りを始めるときに必要なものを紹介!!

渓流ルアーフィッシング!!渓流で釣れるルアーを紹介

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - トラウト