釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

釣りを始めよう!!川釣りの仕掛けの種類について紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

釣りを始めよう!!川釣りの仕掛けの種類について紹介!!

川釣りと一言にいっても、狙う魚も様々で仕掛けも様々です。仕掛けによって狙う魚も変わってきます。今回の記事では、川釣りの仕掛けの種類を紹介します。

川釣りには、管理釣り場のニジマスやヘラブナ釣りから、フナやコイやウグイなどを中流や下流で狙う釣りや上流部でヤマメやイワナなどを狙う渓流釣りなど様々な釣りがあります。

 

 

ルアーを使った釣り方や餌を使った釣り方など様々です。仕掛けによって狙える魚も変わってきて、釣り方も変わってきます。

 

 

今回の記事では、川釣りの仕掛けの種類を紹介するので、川で釣りをしてみようと思う方はぜひよんでください。

 

それでは、川釣りの仕掛けについて紹介します。

 

 

 

 

ウキ仕掛け

 

 

ウキ仕掛けが川釣りをする時の基本の仕掛けになります。

 

 

餌を使ってする釣りなので、魚がいるとことに落とせば簡単に魚を釣ることができます。お子さんと釣りをする場合は、この方法で釣りをするのがいいと思います。

 

ウキ仕掛けは、のべ竿に道糸を繋げてウキとヨリモドシとオモリと針をつけるだけなので、初心者の方でも簡単に取り付けることができます。

 

 

ウキ釣り用の完成仕掛けも販売しているので、完成仕掛けを用意すれば、あとは竿に繋げるだけで釣りをすることができます。

 

またのべ竿も値段が安く1500円ぐらいで販売しています。仕掛けとセットのものでも2000円ぐらいで購入することができるので、初めて釣りをする場合はのべ竿を使ってウキ釣りをするのがオススメです。

 

 

 

脈釣り仕掛け

 

 

脈釣りはニジマスやウグイなどを釣る時によく使われる釣り方です。

 

渓流釣りをする時の脈釣りでは、天井糸と水中糸に分かれていて、別々のラインを使うことが一般的ですが、1本のラインでも問題なく釣りをすることもできます。

 

 

仕掛けは簡単な仕掛けで、渓流竿に道糸を繋げて、糸の先端に針をつけて、針から30センチ程度上にガン玉をつけるだけです。

 

道糸のの長さはロッドと同じぐらいの長さかロッドよりも50センチ短いぐらいだと扱いやすくなります。

 

餌はイクラやぶどう虫を使うのが一般的ですが、クロカワムシなどの昆虫を現地で捕まえて使うのもいいと思います。

 

 

現地にいる昆虫の方がよく釣れるので、現地についたら岩をひっくり返して、岩にへばりついている昆虫を捕まえておきましょう。

 

 

脈釣りをする場合は上流から自然な感じで餌を流せば釣りやすくなります。

 

 

フライフィッシング

 

 

渓流でヤマメなどを釣る時の釣り方で、カゲロウなどの水棲昆虫に似せた疑似餌を使って魚を釣る釣り方で、鳥の羽や鹿の毛などを使って昆虫や小魚など様々なパターンの仕掛けが作られています。

 

 

軽い毛ばりを投げなければいけないので、キャストするのが大変で、初めてフライフィッシングをする場合は釣りに行く前にキャストの練習をしてから行くのがいいと思います。

 

軽い毛ばりを投げるために、重い釣り糸を使って、うまく重い釣り糸に力を使えることで、先端の毛ばりを遠くに飛ばすことができます。

 

重いフライラインの他に、フライラインの先に繋げるテーパードリーダーやティペットと呼ばれるナイロン製のラインを接続する必要があります。

 

 

先に向かって欲しくなっているのがテパードリーダーで、太さが均一なのがティペットと呼ばれます。

 

キャストも難しく、専用の道具も必要になるので、敷居が高い釣りです。

 

 

ルアーフィッシング

 

 

ルアーフィッシングはバス釣りをする他にも、ルアーを使った渓流釣りなど色々な釣りを楽しむことができます。他の釣りかたとは違って、ルアーやワームを動かすことで魚を釣ります。

 

餌に見えるように動かさなければいけないので、少し難しいと思うかもしれませんが、待っているのが嫌いな方にはオススメの釣り方です。

仕掛けも比較的簡単で、ポピュラーな釣り方です。ワームを使う場合は色々な仕掛けがあります。状況に応じて仕掛けを変えていくのも楽しいと思います。

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 釣り道具について