釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

釣り針を使い分けよう!!釣り針の種類と特徴について紹介!

      2018/06/15

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

釣り針を使い分けよう!!釣り針の種類と特徴について紹介!釣り針は様々なサイズや形状があって、狙う魚の口のサイズや使う餌などに合わせて釣り針を選びます。ただ、釣りを始めたばかりだとどの釣り針を選べばいいのか分からないですよね。今回の記事では釣り針の種類と特徴について紹介します。

 

 

釣り針を使い分けることで、フッキングもよくなるので、釣果もアップします。

 

釣り針は狙う魚や使う餌に合わせて設計されているので、ちゃんと使い分けをして釣り針の特徴にあった使い方をするようにしましょう。

 

ただ、釣り針は種類が多く何を使えばいいか分からない方も多いと思います。

 

今回の記事では、釣り針の種類と特徴を紹介するので、釣り針の使い分けがわからない方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

釣り針の種類

 

 

釣り針には色々な種類があります。形状によって種類が分けられているので、釣り針の種類と特徴を紹介します。

 

 

伊勢尼

 

 

基本的な形の釣り針が伊勢尼です。

 

狙う魚に合わせてサイズを変えることで、様々な魚に対応することができます。フトコロが広くて、針が掛かりやすいので、使いやすい釣り針です。

 

 

丸セイゴ

 

 

フトコロが狭くなっていて、針先が内側を向いているのが特徴の釣り針です。

 

フトコロが狭いので、魚が吸い込みやすくて、針先が内側を向いているので根掛りがしづらいので使いやすいです。

 

吸い込みしやすい釣り針なので、口の小さいアジなどの小物からシーバスなどの大きな魚まで釣りことができます。

 

 

袖針

 

 

軸が長めの釣り針で魚を釣った時に針が外しやすいです。釣り針が外しやすいので口の小さい小魚を釣る時に最適な釣り針です。

 

 

狐針

 

 

袖針のように長い軸と丸セイゴのように曲がった形状が特徴の釣り針です。

 

イソメなどの虫エサが付けやすくてエサが取れづらいので、エサ釣りで使いやすいです。釣り針のフトコロが狭く細身なので、吸い込みもいいので釣り針です。

 

 

ムツ針

 

 

針先が曲がっていて独特な形をしている釣り針です。ムツ針は餌を根掛りがしづらい釣り針なので根掛りの多い根魚を釣る時によく使われています。

 

 

 

釣り針の特徴

 

 

次は釣り針の特徴について紹介します。釣り針の特徴を知って状況に合わせて使い分けるようにしましょう。

 

 

返し

 

 

釣り針の坂には返しと呼ばれる逆向きに尖っている部分があります。返しは一度かかった魚をバラしづらくするためについています。

 

逆に返しがついていない釣り針もあります。返しがないと簡単に針を外すことができるので、魚へのダメージが少なくなります。

 

なので、管理釣り場では魚にダメージを与えないように、返しのついている釣り針は使用するのが禁止されています。

 

 

ケン付き

 

 

針の軸部分に返しのような棘がついている釣り針をケン付きと言います。この棘があることで、エサが抜けたりズレたりするのを防ぐことができます。

 

 

ヒネリ

 

 

箸先が左右に曲がっている釣り針をヒネリと言います。ヒネリがあると針が掛かりやすくなる特徴があります。

 

ヒネリがあると合わせた時に針が回転しながら刺さるので、普通の釣り針に比べて深く刺さります。

 

 

管付き

 

 

環付きなどとも呼ばれる針で、ルアーフィッシングなどでよく使われる釣り針です。

 

管付きは太いハリスを結びやすいので、大物を狙う時に使われます。管なしのタイプだと太いハリスは結びづらいので、大きな魚を狙う時は管付きの釣り針を使用しましょう。

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 釣り道具について