釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

シンキングペンシルを使おう!オススメのシンキングペンシルと使い方を紹介!!

      2018/05/03

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

シンキングペンシルを使おう!オススメのシンキングペンシルと使い方を紹介!!

ヒラメやシーバスを釣る場合には色々なルアーを使います。その中でも欠かせないのがシンキングペンシルです。今回の記事ではシンキングペンシルの使い方とオススメのシンキングペンシルを紹介します。

 

 

シンキングペンシルとは

 

 

シンキングペンシルとはリップが付いていなくて、ボディーが細くなっていて、ゆっくりとみずに沈むルアーのことを言います。

 

抵抗が少なく、高比重なので、遠投もしやすいルアーです。フイールドを問わず、使う状況の多いルアーなので、タックルボックスにいくつか用意しておくのがいいと思います。

 

 

 

基本アクション

 

 

リップがなく、水の抵抗をあまり受けないルアーなので、ミノーなどに比べるとアクションは小さくて控えめです。

 

ただ、アピール力の強いミノーやバイブレーションなどのルアーでは釣れない状況でも、ナチュラルなアクションで魚にアピールすることができます。

 

スローリトリーブで使うのが基本ですが、ロッドアクションにによって様々なアクションをさせることができます。

 

シンキングペンシルは受ける抵抗が少ないので、他に比べて浮き上がりやすいルアーです。

 

流れが強いところや足場の高いところでは、浮き上がりやすいので注意してください。

 

 

 

シンキングペンシルの使い方

 

 

シンキングペンシルはどんなフィールドでも使える万能のルアーです。

 

バイブレーションなどに比べてるアピール力は少ないですが、魚に与えるプレッシャーも少ないので、一つのポイントで数匹の魚を釣ることができます。

 

広範囲に探る場合はバイブレーションなどのアピール力が強いルアーがいいですが、魚がいそうなポイントを通すならシンキングペンシルがオススメです。

 

シンキングペンシルは表層を攻めることもできるし、中層を攻めることもできます。魚の活性が高く、表層を意識している状況では、水面を引いて、波を立てながら巻いてくるのがオススメです。

 

バイブレーションでは沈みが早いので、攻めることができない表層をシンキングペンシルは攻めることができます。

 

魚が障害物や流れが変化している場所に居着いている場合は、ポイントの近くをスローに巻いてくるのがオススメです。

 

ラインが貼らないように注意しながらポイントを通すとよく魚が釣れます。

 

 

 

オススメのシンキングペンシル

 

 

バークレイ バビット80


バークレイ ワーム VAHID80 PBSOV80-22

ワーム素材なので、ハードルアーでは釣れない渋い状況でも魚を釣ることができます。ハードルアーでは釣れない状況で活躍するので、一つ持っておくのがいいと思います。

デュオ テトラワークス ユラメキ


デュオ ルアー テトラワークス ユラメキ 生シラス DEA0210
高比重のルアーなので遠投がしやすいです。また、高比重なので、浮き上がりづらくてレンジキープがしやすいルアーです。

 

 

ストーム 五目フラッタースリム


ストーム 五目フラッタースリム GFLS45-CLGLO クリアGOB
全長が45cmで自重が2gの小さいルアーです。ベイトのサイズが小さい時にオススメのルアーです。

 

 

ダイワ モアザン ガルバ 87S


ダイワ(Daiwa) ミノー シーバス モアザン ガルバ87S イワシSゴールド ルアー
レンジキープがしやすくて、操作性も良いので、初心者の方でも使いやすいルアーです。

 

自重が重いので、飛距離も出やすいルアーです。

 

 

エバーグリーン コルセア 65


エバーグリーン(EVERGREEN) ミノー ペンシル コルセア 6.5cm 7g スケルトンチャート 59 ルアー
このルアーもレンジキープがしやすくて操作がしやすいのでオススメです。自重は軽く7gになっています。

 

 

 

シンキングペンシルで釣れる魚

 

 

シンキングペンシルでは様々な魚を釣ることができます。中でも人気の魚を紹介します。

 

シーバス

 

河川や港湾などで釣ることができます。シーバスはナイトゲームのイメージがありますが、デイゲームでも良く釣れます。

 

シーバスが居そうなポイントをゆっくり巻いてくると良く釣れます。

 

 

 

メバル

 

 

メバルはナイトゲームの方が良く釣れます。港湾や海藻の多い場所によく潜んで居ます。メバルを釣る時は、表層から引いてきて、徐々にレンジを下げながらただ巻きをしていくのが基本です。

 

メバルは根魚なので、隠れながら餌を待っています。潮目の境目や常夜灯の周りの明暗の境目にいることが多いです。

 

 

 

クロダイ

 

 

クロダイをルアーを使って釣ることをチニングと言います。チニングは河口などでトップウォーターのツアーを使って釣ることが多い釣りです。

 

専用のルアーも多く販売されて居ます。シンキングペンシルと使って、表層をゆっくりと巻いてくることでクロダイを釣ることができます。

 

 

 

ヒラメ

 

 

ヒラメやマゴチなどの底物もシンキングペンシルを使って釣ることができます。ただ、流れが強い場所だと浮き上がってしまうので注意してください。

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 釣り道具について