釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

PEラインは何がいいの?PEラインのメリットとデメリットを紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

PEラインは何がいいの?PEラインのメリットとデメリットを紹介!!odr0003-002

釣りに使われるラインには色々な種類があります。どんな釣り方をするかによって合うラインと合わないラインがあります。今回の記事ではPEラインのメリットとデメリットを紹介します。

 

ラインには色々な種類がありますが、ルアーフィッシングをする方にはPEラインはとても人気です。

 

昔はPEラインといえば、とても値段の高いラインといったイメージがありましたが、最近では値段が安くなってきたので、手軽に購入することができるラインも増えてきました。

 

 

PEラインは他のラインに比べて値段は高いですが、強度が高く劣化することもないので長く使うことが出来るので、結果的には他のラインと比べて安上がりだったりします。

 

今回の記事ではPEラインのメリットとデメリットを紹介するのでライン選びに迷われている方はぜひ読んでみてください。

 

それでPEラインのメリットとデメリットを紹介します。

そもそもPEラインとは?

PEラインとはポリエステルラインを複数編み込んだラインのことを言います。

 

フロロカーボンやナイロンラインは単線でできているのですが、PEラインの場合はポリエチレン繊維が何本も組み合わさって作られています。

 

ナイロンやフロロカーボンの場合はどの商品もそんなに変わりませんが、PEラインの場合はメーカーや種類によって強度などの性能にばらつきがあるので注意が必要です。

 

 

PEラインは何本のポリエチレン繊維が編みこまれているかによって強度も変わってきます。編み込んである本数が多い方が強度が強くなるので、いいPEラインを使いたい場合は8本撚りのものを選ぶのがいいと思います。

 

 

 

PEラインのメリット

 

 

 

PEラインは強度があって耐久性がある

 

ナイロンやフロロカーボンに比べると同じ太さでもPEラインの方が圧倒的に強度が強いです。

 

強度が高いので、ナイロンやフロロカーボンに比べて細いラインを使うことができます。ラインが細くなれば、比重も軽くなるのでルアーの飛距離も伸びます。

 

日頃ナイロンやフロロカーボンを使ってる方がPEラインを使ってみると、その飛距離にびっくりすると思います。

 

 

 

PEラインは高感度

 

 

PEラインは他のラインに比べて伸びが少ないのでその分感度がいいです。

 

ルアーフィッシングでは感度が重要な場面が多いです。魚のアタリを感じやすくしたい方にもPEラインはオススメです。

 

 

PEラインは比重が軽い

 

 

PEラインは水よりも比重が軽いので、水に沈まなかったり風に流されずらかったりします。

 

水に沈んでしまうと、ルアーにアクションをつけようとロッドを煽った時にラインが水の抵抗を受けてしまうのでちゃんとルアーにアクションが伝わりません。

 

PEラインの場合はラインが水に浮くのでラインが水の抵抗を受けることがないので、ルアーにアクションをつけやすくなります。

 

エギングやトップウォーターで釣りをする場合はPEラインがとても人気です。

 

PEラインはすべてにおいて万能なラインではありませんが、ルアーフィッシングをする方にはとてもオススメのラインです。

PEラインのデメリット

 

 

PEラインは値段が高い

 

 

PEラインは紫外線によって劣化することが少ないので、長持ちします。

 

なので値段が高くてもフロロカーボンやナイロンに比べれ長持ちするので、長い目で見れば安上がりかもしれませんが値段は高いです。

 

PEラインの値段はフロロカーボンの3倍ナイロンの5倍ぐらいします。

 

初めて釣りをする方は最初からそんなに高いラインは使いたくないと思う方も多いと思います。

 

そういう方はナイロンなどのラインを使うのがいいと思います。

 

 

PEラインはバラしやすい

 

 

PEラインは他のラインに比べて伸びが少ないので、魚の食い込みが悪くなるので弾きやすくなってしまいます。

 

ブラックバスやシーバスなどのガバッと魚を吸い込んで食べるのでそんなに弾くことはありませんが、トラウトなどの突くように食べる魚を釣る場合は弾いてしまうことが多くなります。

 

 

PEラインは擦れに弱い

 

 

PEラインは引っ張られたときの強度は高いですが岩や魚の歯などに擦れるとすぐに切れてしまいます。

 

なので場合によってはPEラインを使うときはリーダーと言ってフロロカーボンなどのラインをPEラインの先端に付ける必要があります。

 

 

釣り糸(ライン)の種類について紹介!!

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 釣り道具について