釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

使いやすいオフセットフックとは?オフセットフックの選び方について紹介!!

   

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

使いやすいオフセットフックとは?オフセットフックの選び方について紹介!!

オフセットフックは釣りでよく使われているフックです。使う状況も多くて、色々なワームで使うので、オフセットフックの種類も多いです。今回の記事ではオフセットフックの選び方を紹介します。

 

 

オフセットフックは針先を隠すようにワームをセットすることができるので、根掛りがしづらいセッティングをすることができます。

 

使い状況も多く、オフセットフックを使うリグも豊富です。使うリグや使うワームによって使いやすいオフセットフックは違います。

 

オフセットフックが種類も豊富で、サイズも色々あるので、何を選べばいいのわからないことも多いと思います。

 

今回の記事ではオフセットフックの選び方について紹介するので、オフセットフック選びに迷っている方は読んでみてください。

 

 

 

オフセットフックとは

 

 

オフセットフックはワーム本体に埋め込むように刺して使うフックです。

 

針先が露出しないので根掛りがしづらいフックで、様々はソフトルアーやリグを使うときに使用します。

 

流れが強い場所やボトムを攻めたいときに使いやすい、シャンク部分にオモリが付いているシンカー付きのオフセットフックもあります。

 

 

 

オフセットフックのサイズ

 

 

オフセットフックには色々なサイズがあります。サイズを選ぶときはワームのパッケージに適合サイズが書かれているので、書かれているサイズのフックを選ぶようにしましょう。

 

書いていない場合はワームのサイズに合わせてフックを選んでください。

 

フックが長いとワームの可動域が狭くなるので、ワームが本来の動きをしなくなってしまいます。

 

なので、フックを選ぶときは、ワームの動きを悪くしないできるだけ短いものを選ぶようにしましょう。

 

ゲイブの幅はワームの体高に合わせて選ぶようにしましょう。適切なゲイブ幅であれば、魚がバイトしたときに針先が露出しやすくなります。

 

 

ベイブ幅が狭いとちゃんと針先が露出しなくなってしまうので、フッキングがいまくできないことがあります。

 

ゲイブ幅がワームの体高よりも1.5倍ぐらい幅の広いものを選ぶようにしましょう。

 

オフセットフックを使えば、根掛りが怖いポイントでもどんどん攻めることができるので、釣りに行くときはぜひ持ってきようにしましょう。

 

 

 

オススメのオフセットフック

 

 

次はオススメのオフセットフックを紹介するので、使う状況に合わせて自分に合っているものを選んでください。

 

 

ハヤブサ TNS オフセット


ハヤブサ(Hayabusa) FF307 TNSオフセット 2/0
フッ素コーティングされていてフッキング性能がいいオフセットフックです。

 

色々なワームに対応したやすい形状をしていて使いやすいので、一つ持っておくのがいいと思います。

 

 

OWNER B-99 マルチオフセットフック


OWNER(オーナー) B-99 マルチオフセットフック No.11799 4/0 釣り針
このオフセットフックもフッキング性能がいいのでオススメです。値段も他のオフセットフックに比べて安いので、使いやすいと思います。

 

 

デコイ エスエスフック ワーム19


カツイチ(KATSUICHI)SS(エスエスフック) ワーム19 フック 2 釣り針
スピニングタックル用のオフセットフックです。

 

スピニングタックルで使用することができるライトリグであれば、どんなリグにでも使用することができます。

 

スモールベイトでもフッキングがしやすいので、オススメです。

 

 

 

ハヤブサ ハイパートルネード ウェイテッド


ハヤブサ(Hayabusa) シングルフック FINA ハイパートルネード ウェイテッド 3/0 3.5g 3本 FF208
オモリが付いているオフセットフックです。

 

前重心にオモリが付いているので、スイミング姿勢があんてしやすく、レンジがキープしやすいオフセットフックです。

 

また、フォール中も姿勢が安定するので、フィール中にバイトすることも多いです。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 釣り道具について