釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

虫ヘッドはめちゃくちゃ釣れる!!よく釣れる虫ヘッドの使い方について紹介!!

      2018/06/25

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

虫ヘッドはめちゃくちゃ釣れる!!よく釣れる虫ヘッドの使い方について紹介!!

虫ヘッドはシンプルな仕掛けで簡単に魚を釣ることができます。色々な魚を手軽に釣ることができるので、家族と釣りに行くときにもオススメの仕掛けです。今回の記事では、虫ヘッドの使い方について紹介します。

 

 

虫ヘッドはエサをジグヘッドにつける釣法でよく使われるジグヘッドです。ジグヘッドにエサを付けることで、手返しも早くエサを使うので魚を集める力も強いので、よく釣れる仕掛けです。

 

シンプルで使いやすく、色々な魚を釣ることができるので、使っていて楽しい仕掛けです。

 

簡単に魚を釣ることができる仕掛けなので、初心者の方や家族と釣りを行く方にオススメです。

 

今回の記事では虫ヘッドの特徴と使い方について紹介するので、海釣りを始めてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

虫ヘッドの特徴

 

 

虫ヘッドはエサ釣り専用に開発されたジグヘッドで、仕掛けも簡単で通常のジグヘッドと同様にラインに虫ヘッドを結ぶだけで使うことができます。

 

針の軸部分にはキーパーがついているので、柔らかくて外れやすいエサもズレずらい設計になっています。

 

重りは側面がフラットになっているので、指でつまみやすくエサが付けやすくなっています。ボトムでも倒れにくいので、根掛かりがしずらいので、使いやすいジグヘッドです。

 

 

 

虫ヘッドの使い方

 

 

虫ヘッドは使い方も簡単で専用のタックルも必要ありません。普段使っているタックルで使うことができるので手軽に使うことが出来ます。

 

アジング用やメバリング用のタックルが使われることが多いですが、どんなタックルでも問題なく使うことが出来ます。

 

虫ヘッドはエサをつけてキャストして、魚が集まる駆け上がりやテトラポット帯をゆっくり引いてくるだけで釣ることが出来ます。

 

竿先をトントンと動かして、虫ヘッドにアクションをつけたり、フォールを入れたりしても良く連れます。

 

フォールの途中や着底して数秒後にあたりが多いです。ゆっくり引いているだけではあたりが無い場合は底を重点的に探るのがいいと思います。

 

 

 

虫ヘッドは堤防側がオススメ

 

 

1番簡単な釣り方は堤防の際に落として使う方法です。

 

虫ヘッドにエサをつけて、堤防の際に落として底まで落とします。着底してから数秒待ってあたりが無ければ少し持ち上げて再度落とします。

 

これをポイントを変えながら何度も繰り返すことで簡単に魚を釣ることが出来ます。

 

 

 

虫ヘッドにオススメの餌

 

 

エサにも特徴があるので、ポイントや狙う魚によって変えるのがいいと思います。簡単に虫ヘッドにオススメの餌を紹介します。

 

 

 

イソメ

 

 

イソメは色々な魚を釣ることができる、万能の生き餌です。特に夜になると光るので夜釣りをするときに効果的です。

 

イソメは大きいものだと20cm程度もあるので、狙う魚によって切って使用します。針は頭部から入れて通し刺しで使うのが一般的です。

 

イソメは時間が経つと弱ってしまって食いも悪くなってしまうので、弱ったら交換するようにしましょう。

 

 

 

オキアミ

 

 

オキアミを虫ヘッドで使うときは尻尾をとってから使うようにしましょう。尻尾が残っていると水中で回転してしまうので、魚の食いが悪くなります。

 

オキアミはボイルと生の2種類があります。生の方が魚の食いもいいですが、柔らかいので、餌が取られやすく、針からもズレやすいです。

 

キャストする回数が多い場合はズレにくいボイルのオキアミがオススメです。

 

 

 

キビナゴ

 

 

キビナゴは大物狙いにオススメの餌です。

 

大きな魚を狙う場合はキビナゴを1匹針に刺して使うのもいいと思いますが、キビナゴが大きすぎる場合は適度にカットして使いましょう。

 

 

 

イカ

 

 

イカも大物を狙った釣りでよく使われる餌です。

 

イカタンとも呼ばれていて、イカを短冊状にカットされた餌です。ルアーのようにヒラヒラと動いて魚にアピールをします。

 

アピール力も高く、匂いも強いので、集魚力が高くオススメの餌です。

 

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 釣り道具について