釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

釣り糸(ライン)の種類について紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

釣り糸(ライン)の種類について紹介!!odr0003-002

釣り糸(ライン)には色々な種類があります。種類によって特徴も違い、使い方によって合う合わないもあります。今回の記事では、釣り糸(ライン)の種類について紹介します。

 

 

釣り糸(ライン)は魚と釣り人との唯一の繋がりです。合っていない釣り糸を使っていると、バラシが多くなってしまったり、釣り糸が切れてしまったりすることがあります。

 

釣り糸はタックルの中でもとても重要なので、釣り糸はちゃんと考えて選ぶのが良いと思います。

 

 

釣り糸は種類によってそれぞれ特徴があります。種類によって短所、長所があるので、釣り場の状況や狙う魚、使うルアーによってラインを使い分けるようにしましょう。

 

今回の記事では、釣り糸(ライン)の種類と選び方を紹介するので、これから釣りをしようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは、釣り糸(ライン)の種類と選び方を紹介します。

釣り糸(ライン)の種類

 

 

 

釣り糸は大きく分けると、ナイロン・フロロカーボン・PEラインの3種類り分けられます。

 

それぞれ特徴があり、長所・短所があります。まずは、3種類の釣り糸の特徴を説明します。

 

 

 

ナイロンラインの特徴

ナイロンラインは他の釣り糸に比べて値段が安いので初心者向きの釣り糸になります。

 

あまりお金をかけたくないと思う方はナイロンのラインを選ぶのがいいでしょう。

 

 

リールへの馴染みも良いのでライントラブルも他の釣り糸に比べて少ないので使いやすいのも初心者の方にオススメの理由です。

 

ただ紫外線によって劣化してしまったり、吸水性があるので、水を吸ってしまって劣化してしまうことがあります。

 

また、他の釣り糸に比べて伸びやすいので、当たりが取りづらかったり、ルアーにアクションがうまく伝わらなかったりすることがあります。

 

エギングなどのアクションをしっかりつけなければいけない釣りには、あまり向かない釣り糸です。

 

 

 

フロロカーボンの特徴

フロロカーボンはナイロンに比べてやや値段が高い釣り糸になります。

 

 

ナイロンよりも硬いので、巻きグセが付きやすくライントラブルも起きやすくなりますが多く使われいる釣り糸です。

 

硬いラインなので、耐久性が強く根ズレに強い釣り糸なので、ショックリーダーとして多く使われています。

 

比重は水よりも高いので、水によく沈みます。底を狙う釣りの時にはとても使いやすいです。

 

吸水性もほとんどなく、紫外線によって劣化することもないので、強度は下がりづらいです。

 

ナイロンに比べて伸びも少ないので、魚のあたりも感じやすく、感度が高いのも特徴の一つになります。

 

 

 

PEラインの特徴

PEラインはポリエチレンラインの略称です。

 

3種類の釣り糸の中では、PEラインが1番値段の高い釣り糸になります。また、強度も1番強いので、値段を気にしない方はPEラインを選ぶのが良いと思います。

 

伸びにくいので感度も高く比重が低く水に浮くので、エギングではPEラインが多く使われています。

 

強度が強いので、他の釣り糸に比べて細い糸を使うことができます。細ければそれだけ飛距離が伸びるので、他の釣り糸に比べて遠くまで飛ばすことができます。

 

ただ、スレに弱く根ズレですぐに切れてしまうので、PEラインを使う場合はショックリーダーを使用しなければいけばいので、手間が増えてしまいます。

 

初心者の方には使いづらいラインですが、とても性能の高いラインなので、釣りに慣れてきた方にはPEラインがオススメです。

最後に

 

 

釣り糸(ライン)はタックルの中でもとても重要です。

 

使うルアーによってどんなラインを使うのがいいかよく考えるようにしましょう。

 

初心者におすすめのルアーとは?バス釣り初心者におすすめのルアーを紹介!!

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 釣り道具について