釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

船釣りを始めよう!!船釣りに行く時に必要な道具を紹介!!

      2018/05/24

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

船釣りを始めよう!!船釣りに行く時に必要な道具を紹介!!

船釣りはとても楽しい釣りです。沖からは狙えない魚をを狙うことができます。また、釣りに慣れていない方でも、船長さんが色々とアドバイスしてくれるので、ボウズになることは少ないです。今回の記事では、船釣りの始め方を紹介します。

 

 

船釣りはお金はかかりますがとても楽しい釣りで、船長さんが色々とアドバイスをしてくれるので、初心者の方にもおすすめです。

 

初心者の方は最初の一歩がなかなか踏み出すことができないと思いますが、とても楽しい釣りなので初めてみてください。

 

今回の記事では、船釣りに必要な道具や注意点などを紹介するので、船釣りを始めてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

船釣りの注意点

 

 

船釣りは出航して沖に出て釣りをするので、忘れ物があったら大変です。船釣りに行く場合はしっかりと事前準備をして忘れ物がないようにしましょう。

 

また、船釣りでは船長さんや乗り合いの方と一緒に釣りをするので、周りの迷惑にならないように注意も必要です。

 

 

 

使う仕掛けと狙う魚を確認する

 

 

船釣りでは、事前に狙う魚や使う仕掛けが決められていることが多いです。船長さんが狙う魚や使う仕掛けによって、釣れやすいポイントに連れていってくれるので、狙う魚と使う仕掛けを確認しておきましょう。

 

船釣りの予約を行う際に狙い魚や仕掛けについて詳しく聞いておくのがいいと思います。

 

 

 

仕掛けを用意する

 

 

予約した時に、仕掛けを確認したらしっかりと準備しておきましょう。事前に用意する仕掛けは、トラブルがおきた時のためにもいくつか予備を用意しておきましょう。

 

 

 

時間を守る

 

 

 

周りの迷惑にもなってしまうので、時間厳守しましょう。基本的には釣り船は魚の火星が高い時に釣りができるように、早朝に出航することがほとんどです。

 

もし遅れてしまうと、船長さんや乗り合いの方に迷惑をかけてしまうので、事前にスケジュールを確認して、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

 

 

 

船長さんの言うことを聞く

 

 

船長さんはみんなに釣果をあげられるように色々アドバイスをくれたり、揺れや高波などの危険からお客さんを守ったりる責任があります。

 

なので、安全に釣りを楽しむためには船長さんの言うことをしっかりと聞いて、指示に従うようにしましょう。

 

 

 

挨拶をする

 

 

乗り合いの方と一緒に釣りをするので、しっかり挨拶をしておいた方がいいと思います。

 

船上で知らない方と1日一緒に四、五すことになるので、トラブルの内容に挨拶をしてコミュニケーションを取っておきましょう。

 

初心者だといっておけば、色々とアドバイスしてくれる人もいて、楽しく釣りをすることができるので、最初にコミュニケーションを取っておくようにしましょう。

 

 

 

船釣りに最適な服装

 

 

船釣りでは波しぶきが立った時や魚を釣った時などに服が濡れてしまいます。また、夏場は日陰もないので暑くて、冬は風を遮るものがないので寒いです。

 

船釣りをする場合は気候にあった服装で、濡れてもいいものを選びましょう。また、海上は天候が変わりやすいので雨具なども用意しておくのがいいと思います。

 

撥水性のある服であれば、海水に濡れてもインナーまで染み込まないし、拭き取るだけで汚れが落とせるのでオススメです。

 

 

 

船釣りに必要な道具

 

 

 

各メーカーから、船釣り用のリールやロッドが販売されています。船釣りを始める場合は狙う魚に合わせて道具を用意するようにしましょう。

 

 

船釣り用ロッドの選び方

 

船釣り用のロッドには長さが1メートル以下のものから10メートル以上のものまで様々なロッドがあります。

 

硬さや調子なども様々なので、狙う魚によって選ぶようにしましょう。ロッドは値段も高いので、当日狙う魚に適合していて、今後も使うことができるものを選ぶのがいいと思います。

 

 

 

船釣り用リールの選び方

 

 

船釣りは水深が深くて、タナを選択するのが大切なので、水深を測ることができるカウンターが付いているものがオススメです。

 

また、巻き上げる量も多いので、巻き上げを自動でしてくれる電動リールもよく使われています。

 

 

 

船釣りにオススメの道具

 

 

船釣りは一度沖に出たら終了まで戻ってくることができないので、もしもの時のためにしっかりと準備しておきましょう。

 

 

 

酔い止め</3>

 

 

初めて船釣りをする場合は酔い止めを持っていった方がいいと思います。一度出航すると5〜7時間ぐらいは戻ってこれません。

 

もし酔ってしまったら気分が悪い状態で何時間も我慢する必要があります。なので、車酔いなどをしない方でも最初のうちは酔い止めを持っていくのがいいと思います。

 

 

 

フィッシンググローブ


L.A.Y【改良版】スポーツ フィッシング グローブ 釣り 手袋(ジギング エギング シーバス フライ トローリング対応)【国内正規流通品】
海釣りでは鋭い歯や棘を持った魚が釣れることがあったり、魚のかかった釣り糸を手で寄せることがあるので、手先が怪我しないようにフィッシンググローブを用意するのがいいと思います。

 

 

タオル・ウェットティッシュ


スコッティ ウェットティシュー 除菌 アルコールタイプ 本体 100枚
手が汚れたりした時に使います。手洗い場は船にもありますが、行ったり来たりをしていると周りの迷惑にもなるのでウェットティッシュやタオルがあると便利です。

 

 

 

クーラーボックス


ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り クールライン S600X ホワイト
魚を持ち帰るために必要です。せっかく船釣りをするなら、釣った魚を新鮮な状態で持ち帰れるように用意しておきましょう。

 

クーラーボックスと一緒にビニール袋やジップロックがあると魚を小分けにすることができるのでオススメです。

 

 

 

長靴・濡れてもいい靴


[AITOZ]アイトス 4701_010 26.5cm TULTEX タルテックス 長靴 吸汗性 ドライ裏地 3E ブラック×レッド
船釣りでは足元に海水が流れてくることも多いので、濡れてもいい靴か長靴でいきましょう。

 

足元は確実に濡れます。冬場は釣り用の長靴を使用して、夏場はクロックスのような靴がいいと思います。

 

 

 

帽子


LiTi 漁師キャップ 日除け帽子 釣り ガーデニング 登山 農作アウトドア作業 通気性がいい (アーミーグリーン)
船釣りでは日陰がないので、帽子があった方がいいと思います。

 

夏場だとヤケドしたみたいに日焼けしてしまうので、帽子だけじゃなく日焼け止めもしっかり塗って、日焼け対策をしましょう。

 

 

収納ケース


メイホウ(MEIHO) VS-7070 ランガンシステム

 

乗り合い船では自分が使えるスペースは限られています。なので、細かいものをまとめることができる大きな収納ケースがあると便利です。

 

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 釣り道具について