釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

雷魚を釣りに行こう!雷魚を釣るのに必要な物と釣り方を紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

雷魚を釣りに行こう!雷魚を釣るのに必要な物と釣り方を紹介!!odr0003-002

雷魚はブラックバスやナマズと並んで淡水でのルアーフィッシングのターゲットの一つの魚です。今回の記事では、雷魚の釣り方を紹介します。

 

雷魚とは日本での呼び方で、本当の名前はカルムチーという名前です。

 

 

中国に生息している魚で、観賞魚としても人気の魚で、観賞魚が好きな方は英語のスネークヘッドの名前で呼ぶ人が多いです。

 

元々中国に生息していた魚で日本には生息していなかったのですが、江戸時代に日本に移入してから全国に広がっていきました。

 

今では、タイワンドジョウ・コウタイ・カルムチーの3種類の雷魚が日本に生息しています。

 

雷魚はパワーがあるので強烈なファイトで釣りを楽しむことができます。力がすごくてファイトも強烈なので、雷魚釣りのファンの方も多いです。

 

今回の記事では、雷魚の釣り方を紹介するので、雷魚を釣ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは、雷魚の釣り方を紹介します。

1、雷魚を釣るために必要な物

 

 

 

雷魚はバスロッドでも釣ることができます。雷魚を釣る時は多くの人がバスロッドを使っていますが、最近では雷魚用ロッドも販売されています。

 

スピニングタックルでも釣ることができますが、ベイトタックルの方が一般的です。

 

 

 

1−1ロッド

ロッドは7ftぐらいで強いものが必要になります。

 

もちろんベイトタックルの方がいいです。

 

雷魚はパワーのある魚なので、ロッドもパワーがあるものが必要になります。雷魚は最大で1メートル以上に成長する魚なので、大きな雷魚が掛かった時のことを考えると、パワーの強いタックルが必要になります。

 

また、雷魚を釣る時は、カバーを攻めることになるのですが、カバーに逃げ込まれた時にカバーの中から雷魚を引き上げなければいけないのでパワーのあるロッドが必要になります。

 

雷魚用のロッドも販売されているので、雷魚を釣ろうと思ったら雷魚用のロッドを購入するのが1番いいですが、バス用のロッドを流用することもできます。

 

バスロッドで雷魚を狙う場合はビックベイト用のロッドを購入するようにしましょう。

 

雷魚を釣ろう!!雷魚用ロッドの選び方とオススメのロッドを紹介!!

 

1−2リール

 

 

ロッドと同様にリールもパワーの強いリールを選ぶようにしましょう。

 

金属のボディーで丸型のベイトリールはとてもパワーの強いリールになります。安いリールを使うと、引きが強すぎてリールが歪んでしまうことがあります。

 

なので、雷魚用のベイトリールを購入する場合はボディーは金属のものを選ぶようにしましょう。

 

リールのサイズは雷魚用に使用するなら、400番を選ぶのがいいでしょう。バス用として使う場合でも、300番以上のものを選ぶようにしましょう。

 

 

1−3ライン

雷魚を釣る方が人気なのがPEラインです。

 

雷魚はトップウォーターで釣ることが多いので、浮力があって水に浮きやすいPEラインを使うことが多いです。

 

PEラインは他のラインに比べて強度もあるのでパワーが必要な釣りにはとても相性の良いラインになります。

 

ただ、擦れに弱く岩などに擦れたり合わせた時などに切れてしまうことがあります。なので、シーバスなどの魚を釣る時はPEラインの先にフロロカーボンなどの他のラインをつけます。

 

雷魚を釣る場合もリーダーをつけて擦れて切れてしまわないようにするのが良いと思います。

 

リーダーをつけるのが面倒な方は少し太めのPEラインを使用するようにしましょう。雷魚用のPEラインも販売されているので、それを選ぶもの良いと思います。

 

 

1−4ルアー

ルアーはフロッグを使うのが一般的です。

 

雷魚はハスなどの葉っぱの隙間からカエルが泳いでくるのを狙っています。

 

雷魚用のフロッグがいくつも販売されているので、雷魚用のフロッグを購入したり、バス用のフロッグを購入して改造するのが良いと思います。

 

フロッグを使ってる釣るのが一般的ですが、フロッグ以外でも雷魚は釣ることができます。

 

スピナーベイトやラバージグでもよく釣れるので、バス釣りをしている時にもよく釣れたりします。

 

雷魚は底にある餌よりも、自分の目線よりも高いとこをを泳ぐ餌によく反応を示すので、雷魚を釣る場合は中層よりも上の方をルアーが泳ぐようにしましょう。

2、雷魚の釣り方

 

 

雷魚の釣り方は簡単です。

 

雷魚がいそうなポイントにルアーを投げてただ巻くだけで釣ることができます。

 

カバーを狙う時は、カバーが濃いところより薄くなっているとこをで雷魚が食ってくることが多いので、カバーの薄くなっているところを狙ってどんどんキャストしていきましょう。

 

雷魚がルアーに食いついてもすぐには合わせないようにしましょう。ルアーに食いついたら、少し送り込んでからフッキングするようにしてください。

 

雷魚がルアーに食いついたと思ってもフッキングしても、ちゃんと合わずにルアーだけ飛んでくることがあります。

 

ラインが走ってからフッキングしても遅くないので、焦らずにフッキングするようにしましょう。

 

 

 

3、雷魚が釣れるシーズン

 

 

雷魚は4月〜10月まではよく釣れますが、水温が上がるほど活性がよくなるので、夏場の暑い季節が雷魚にとってはハイシーズンになります。

 

冬場は冬眠してしまうので釣れません。春先も寒い時は釣れず、午後水温が上がってきたぐらいら活性が上がってきます。

 

 

 

 

4、雷魚を釣る時の注意点

 

 

 

雷魚はすごく口が固く歯も鋭いので、ルアーを手で外そうとすると怪我をしてしまいます。

 

雷魚を釣りに行くときはちゃんとプライヤーを持っていくようにしましょう。プライヤーは2つ用意して、口を開くのに1つルアーを外すのに1つ使うようにしましょう。

 

噛む力も強いので、口の中には手を入れないように十分注意してください。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 雷魚