釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

シーバスが釣れない!!シーバスが釣れない原因とシーバスの釣り方を紹介!!

      2018/04/17

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

シーバスが釣れない!!シーバスが釣れない原因とシーバスの釣り方を紹介!! 

シーバスはとても人気のある釣りの一つです。シーバスは楽しい釣りですが、釣れないとつまらないですよね。今回の記事では、シーバスが釣れない原因を紹介します。

 

 

 

シーバス釣りは都市部からもアクセスがしやすく、比較的簡単に釣ることができるので、人気の釣りの一つです。

 

ただ、なかなか釣れないって方もいると思います。そんな時は今までの釣り方を見直して、新しいことを試してみるのがいいと思います。

 

今回の記事では、シーバスが釣れない原因を紹介するので、シーバスがなかなか釣れないかたはぜひ読んでみてください。

 

 

 

シーバスの習性を知っておこう

 

 

魚を釣る時は狙う魚の習性を知っておくのがいいでしょう。習性を知っていれば、どんな餌を求めているのか、どんな場所にいるのかが分かってきます。

 

季節によっても食べている餌も変わってくるので、ぜひシーバスの習性を知っておきましょう。

 

 

シーバスは警戒心が強い

 

 

シーバスは警戒心が強い魚なので、釣りに行く時はなるべく静かにしておきましょう。

 

喋り声などは水中まで響きませんが、足音は水中まで響いてしまうので、大きな音を出して歩いたりしないようにしましょう。

 

着水音も大きすぎるとルアーが見切られてしまう場合もあるので、着水音にも注意するようにしましょう。

 

 

 

シーバスは見切りが早い

 

 

シーバスは学習能力が高いので、同じルアーばかり投げているとすぐに見切られてしまいます。

 

シーバスは学習能力が高いので、投げる位置を変えたり、ルアーを変えたりして見切られないようにしましょう。

 

アングラーの多いポイントでは特に見切られやすいので、注意してください。

 

 

 

潮と天候の動きに注意する

 

 

シーバスの捕食活動には潮の動きや天候の動きが大きく影響しています。よく言われるのが、大潮の潮がよく動くときは、ベイトフィッシュも動くので、シーバスの活性が高くなります。

 

逆に潮の動きが少ない小潮の時は魚の活性も低くなります。潮の動きや天候によって連れ安さも変わってくるので、潮の動きや天候をちゃんと確認するようにしましょう。

 

 

 

上げ潮の時がよく釣れる

 

 

潮が満ちてくる上げ潮の時はシーバスが良く釣れます。シーバスが基本的には上げ潮の時に岸に近づいてきて、下げ潮になるとお気に戻っていきます。

 

 

曇りの日はよく釣れる

 

 

シーバスは曇りの時が釣れやすいと言われています。天候がどう影響するのかは季節や状況によって違いますが、曇りや雨の日はベイトフィッシュやシーバスの活性が上がって釣れやすくなると言われています。

 

 

通いこむポイントを決める

 

 

色々なポイントに釣りに行くよりも、3つぐらいのポイントに通いこむ方が魚は釣りやすいと思います。

 

1回行っただけでは底の地形や、どこに魚が集まるっているかはわかりませんが、何度も通う事でわかってきます。

 

ポイントに通いこむ事で、シーバスの活性が上がる状況も分かってくるので、シーバス釣りを覚えようと思ったら、いくつかのポイントを決めて通うようにしましょう。

 

 

色々なルアーを使ってみる

 

 

シーバスは見切りが早いので、同じルアーばかり使っているとすぐに見切られてしまいます。

 

1度釣れたルアーは何度も使いたくなりますが、そればかり使っていると見切られてしまってなかなか釣れません。

 

攻めるレンジを変えてみたり、ベイトフィッシュに合うようにルアーを交換して行くことが大切です。

 

いくつもルアーを持って行って、色々なルアーを投げてみると、わかることもあるので、最低でも10個以上ルアーを持っていくのがいいと思います。

 

 

 

攻めるレンジを意識する

 

 

ハードルアーであれば巻いているだけで、一定のレンジを攻めることができますが、ワームなどを使う場合はレンジを意識して巻くようにしましょう。

 

キャストしてすぐに巻いてくると表層しか攻めることができないので、キャストして着水したら、数秒カウントして、ワームが沈んでから巻いてくるようにしましょう。

 

ジグヘッドの重さと着水してからのカウントで、任意のレンジを攻めることができます。

 

シーバスの活性が高く、表層を意識している時は表層を攻めても釣ることができますが、中層やボトムを意識している時もあるので、表層だけじゃなく、中層やボトムも攻めるようにしましょう。

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - シーバス