釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

メバルを釣ろう!メバリング用ロッドの選び方を紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

メバルを釣ろう!メバリング用ロッドの選び方を紹介!!lgf01a201307071900

メバリングは一本のロッドで釣りを楽しむことができます。メバルの繊細なアタリを楽しむためには、メバル専用のロッドを持っておくのがいいと思います。今回の記事では、メバリング用ロッドの選び方を紹介します。

 

メバル用のロッドは一本で楽しむこともできますが、理想を言えば二本持っておいた方が釣りの幅は広がります。

 

 

バス用のロッドで代用することもできますが、メバルはバスに比べて小さいので、バス用のロッドではオーバーパワーになってしまうことがあります。

 

メバリング用のロッドを使用すれば、バス用のロッドでは感じられなかったメバルの引きを楽しむことができます。

 

 

メバリング用のロッドを使用した方が釣りを楽しむことができるので、メバリングを始めたいと思う方はぜひ専用のロッドを購入するのがいいと思います。

 

今回の記事では、メバリング用ロッドの選び方を紹介するので、メバリングを始めようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

それではメバリング用ロッドの選び方を紹介します。

1、ティップ(穂先)の違い

 

 

メバリング用のロッドを選ぶ時に大切なのがティップの構造です。

 

ティップには種類があるので、メバリング用ロッドを購入する際にはティップの種類に注意してください。

 

 

 

1−1ソリッドティップ

 

 

ソリッドタイプは、ロッドのティップの構造が、中に空洞がなくティップに中身が詰まっているタイプのものを言います。

 

 

ソリッドタイプの特徴はロッドの先端が柔らかくしなやかなので、ロッドがよく曲がります。

 

ロッドがよく曲がるので、メバルがルアーを食えた時に違和感を与えづらくバラしにくいといったメリットがあります。

 

 

ただ、柔らかいロッドなので、感度があまり良くありません。ロッドから伝わるアタリが感じづらいというデメリットがあります。

 

 

 

1−2チューブラーティップ

 

 

 

チューブラーティップはソリッドティップと違い、中身が空洞になっているタイプのことを言います。

 

チューブラーティップはロッドにハリがあるので、曲がりづらく硬い感触になります。硬いので感度良くメバルの繊細なアタリを感じつ頃ができます。

 

ロッドが硬いので、フッキングが難しくうまく合わせないとバラしてしまうといったデメリットがあります。

 

 

 

1−3どっちのタイプがいいのか

 

 

 

ソリッドティップとチューブラーティップにはどちらもメリットとデメリットがあります。

 

アタリは感じづらいけど合わせやすいソリッドティップを選ぶかアタリは感じやすいけど合わせるのが難しいチューブラーティップを選ぶかは難しいと思います。

 

 

私は初心者の方はソリッドタイプのロッドを選ぶのがいいと思います。

 

ソリッドタイプであればメバルがルアーを加えた時の違和感を与えにくくすることができるので、フッキングがしやすいので初心者の方でも釣りやすいです。

 

 

チューブラーティップはロッドが硬いので、メバルがルアーを食ってもフッキングする時間が短くアタリを弾いてしまうことがあります。

 

初めのうちはソリッドタイプを使い、メバリングに慣れてメバリングを楽しみたいと思ったら、アタリは感じやすいがフッキングが難しいチューブラーティップを選ぶのもいいと思います。

2、メバリングにオススメのロッド

私がメバリングにオススメだと思うロッドはダイワの月下美人MX74UL-Sです。

 

値段も手頃で1万円ぐらいで購入することができます。月下美人MXには4ピースのモデルもあるので、旅行先でメバリングをしたいと思う方には4ピースのモデルもオススメです。

 

適合ルアーは1〜7グラムまでなので、メバリングで使われるほとんどのルアーを使うことができます。

 

初めの一本として購入してもずっと使い続けることができるロッドです。他のロッドに比べて性能も高いのでオススメです。

 

ハードルアーでメバルを釣ろう!メバルを釣る時にオススメのハードルアーを紹介!!

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - メバル