釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

初心者でも釣れる!!根魚(ロックフィッシュ)の釣り方を紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

初心者でも釣れる!!根魚(ロックフィッシュ)の釣り方を紹介!!

根魚(ロックフィッシュ)とは岩の奥や岩陰、海藻の奥やテトラの奥にいる魚のことを言います。ロックフィッシュは簡単に釣ることができるので、初心者の方にはオススメの釣りです。今回の記事では、根魚(ロックフィッシュ)の釣り方を紹介します。

 

釣っても楽しく、食べても美味しいので釣りのターゲットとして人気のメバルも大きく分けるとロックフィッシュになりますが、今回の記事では、メバルよりももっと深い場所に隠れているカサゴなどの魚の釣り方を紹介します。

 

カサゴも食べられる魚で、比較的簡単に釣ることができるので、釣った魚を食べてみたいと思う方や初心者の方にオススメのターゲットです。

 

 

ロックフィッシュは他の魚に比べて簡単に釣ることができるので、釣りを始めてみたい方はぜひ狙ってみてください。

 

ロックフィッシュを釣るときは色々な方法がありますが、今回の記事ではソフトルアーを使ってロックフィッシュを釣る方法を紹介します。

 

今回の記事では根魚(ロックフィッシュ)の釣り方を紹介するので、根魚釣りを始めてみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは、根魚(ロックフィッシュ)の釣り方を紹介します。

根魚(ロックフィッシュ)の釣る時に必要なもの

 

 

 

ロッド

ライトゲーム用のロッドがおすすめです。

 

長さは7ft前後のものが使いやすいです。根魚はフッキングが浅くなってしまことが多いので、フッキングがしやすい掛け調子のロッドがいいでしょう。

 

メバル用のロッドの場合は掛け調子の食い込みやすいものがあるので、バラし辛いがあります。根魚を釣りたい場合はメバル用のロッドがいいと思います。

 

メバルを釣ろう!メバリング用ロッドの選び方を紹介!!

 

リール

根魚を釣るときはそこまで遠投することもないので、ラインが100メートル巻ければ十分です。

 

なので、リールはシマノの場合1000〜2000番、ダイワなら1500〜2000番ののスピニングリールが使いやすいです。

 

 

ライン

ラインはナイロンかフロロカーボンが人気です。

 

フロロカーボンは根ズレに強くて、比重もナイロンよりも重くみずに沈みやすく、ラインの伸びも少ないのであたりも取りやすくなります。

 

なので、フロロカーボンの方が使いやすいですが、値段が倍ぐらい違います。安く済ませたい場合はナイロンでもいいですがフロロカーボンの使いやすので、値段お気にしないならフロロカーボンの方が良いと思います。

 

ラインの太さは4lbぐらいのものがいいと思います。あまり細いラインだと根がかったりした時にすぐに切れてしまうので、注意してください。

 

 

ソフトルアー

ソフトルアーはカーリーテールやクロー系のものがよく使われます。

 

どんなソフトルアーでも釣れるので、そこまで悩まずに色々と用意してみるのが良いと思います。

 

 

 

 

根魚(ロックフィッシュ)がいるポイント

 

 

 

護岸

 

 

 

護岸の周りには、カニやエビなどの餌が豊富に集まっています。障害物があったり、護岸がえぐれていたりするところにはロックフィッシュが隠れています。

 

 

テトラ

 

 

テトラはロックフィッシュを釣る時には定番のポイントになります。テトラはロックフィッシュが隠れられる場所が多いので、1番釣りやすいポイントです。

 

ただ、足場が悪いのでテトラで釣りをするときは注意が必要になります。

 

 

ゴロタ浜

 

 

海底が砂地の場所でも底に岩があればロックフィッシュが隠れています。岩が沈んでいるような場所は良いポイントなのでチェックしておきましょう。

 

 

藻場

 

 

藻があるところは餌が豊富で身を隠すこともできるので、ロックフィッシュが多く生息しています。夜だと藻場の場所がわからないので、昼間から釣りに行って、藻場を確認するようにしましょう。

根魚(ロックフィッシュ)の釣り方

リグ

 

 

リグはジグヘッドリグ、テキサスリグ、アンダーショットリグ、が多く使われます。

 

テトラや岩場などの隙間に落として使い場合にはアンダーショットリグを使い、藻場などを攻めるときは、ジグヘッドやテキサスリグが使われます。

 

 

 

釣り方

 

 

根魚を釣るときは、テトラや護岸などの根魚が潜んでいそうな足元のポイントを探っていくか、遠くの根まわりや藻場などにキャストして探っていく方法があります。

 

足元のポイントを探る場合はルアーをテトラなどの隙間に落とした後、軽くロッドを上下に動かし誘います。テトラなどは水深が浅くても根魚が隠れていることがあるので、隙間があるところはくまなく探るようにしましょう。

 

沖にあるポイントを攻める場合はルアーをキャストしたら、ルアーを底まで落としてリフト&フォールで探っていくのが基本です。

 

そこまで落ちらた、ロッドを軽くあおってルアーをフォールさて、ロッドを寝かせた時に弛んだ分のラインを巻き取ります。この動作を繰り返して根魚を探っていきます。

 

テキサスリグであれば根掛かりしづらいので、岩場など根掛かりやすいポイントではテキサスリグを使って探っていきのがいいと思います。

 

メバルを釣ろう!!メバル用ワームの種類と使い方を紹介!!

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - メバル