釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

メバルを釣るならいつ?メバル釣りにオススメの季節を紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

メバルを釣るならいつ?メバル釣りにオススメの季節を紹介!!

メバル釣りは手軽にできる釣りの一つなので、釣りを始めて見たい方にはオススメです。メバルは1年を通して釣れる魚ですが、釣りやすい季節や食べて美味しい季節があります。今回はメバル釣りにオススメの季節を紹介します。

 

メバルは引きもよく釣っても楽しく、味もよく食べても美味しいので、釣りのターゲットとしとても人気が高いです。

 

 

メバルは『春告魚』と言われているので春が旬だと思われていますが、春先からよく釣れるようになるのでそう呼ばれています。

 

実際には1年中釣ることができる魚ですが、釣りやすい季節もあります。

 

 

今回の記事では、メバル釣りをする時におすすめの季節を紹介するので、メバルを釣ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは、メバル釣りをする時におすすめの季節を紹介します。

メバル釣りにおすすめの季節

 

 

 

メバルは初告魚と呼ばれることもあり、初先がシーズンと言われていますが、実際は年間を通して釣ることができます。

 

しかし高温を嫌う魚なので、真夏になってしまい水温が上昇すると場所によってはメバルが釣れずらくなるので注意してください。

 

6〜8月ぐらいは水温が上がるので、オカッパリからではメバルを釣るのは難しくなります。9月ぐらいになって水温が下がってくれば、メバルが接岸して、防波堤なんかでも釣れやすくなってくるのでメバリングをする方は9〜5月ぐらいまでがいいと思います。

 

 

水温が下がり15度以下になるとメバルの活性が上がり浅瀬でも釣れるようになるので、11月下旬ごろから2月下旬ごろまでがベストシーズンになります。

 

メバルは2月ごろの1番寒いころに産卵をします。その季節は産卵直後で体力が低下していたりして、ルアーを追わなかったりすることがあり、あまり釣れないこともあります。

 

 

産卵が終わって体力が回復しだした3月頃はベイトフィッシュも増えている季節なので、これもまた釣りやすい季節と言えます。

 

食べることを考えるなら、産卵前に荒食いをして体力を蓄える11〜1月頃が釣りをする場合おすすめの季節ですが、春先でもよく釣れるので3〜5月頃もおすすめです。

 

 

 

 

メバル釣りにおすすめの時間帯

 

 

 

メバスは夜行性の魚なので、夕まずめから朝まずめまでがメバルを釣ることができる時間になります。

 

メバルは日が暮れたぐらいから、表層でベイトフィッシュを活発に捕食し始めます。なので、メバルを釣ろうと思ったら夕まずめまでには釣り場に着くようにしましょう。

 

 

夜釣りをする時に大切なのが、早めに釣り場に着くようにして、明るいうちにポイントを見て回ることが大切です。

 

暗くなってしまうとどこにポイントがあるのかがわからなくなってしまいます。明るいうちに岩場や藻場などの変化のある場所をチェックしていくようにしましょう。

潮の動きにも注意しておこう

 

 

 

メバルに限らず海釣りをするときは潮の動きも大切です。よく釣れるシーズンでも潮の動きに合わせて釣りをしないと釣果は伸びません。

 

 

メバルを釣りに行くときは、大潮の時など大きく潮が動く時で夕まずめ付近で潮が動く時間がある時に行った方が釣りやすいです。

 

潮が動くと小魚の活性が良くなります。そうなると小魚を食べるメバルの活性も良くなって釣りやすくなります。なので、潮の動きはとても重要です。

 

干潮から満潮に向けて潮が動き始めた時や、満潮から干潮に向けて潮が動き始めたた時は魚の活性も上がって釣りやすくなるので、満潮の時間と干潮の時間を調べてから釣りに行くようにしましょう。

 

 

メバルがよく釣れる季節は気温が下がってきた秋頃から本格的に寒くなる1〜2月ごろまでです。冬の夜の海はすごく寒いので、メバルを釣りに行くときはちゃんと防寒対策をしてから行くようにしてください。

 

ハードルアーでメバルを釣ろう!メバルを釣る時にオススメのハードルアーを紹介!!

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - メバル