釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

メバリング用のラインは何がいい?メバリング用ラインの選び方!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

メバリング用のラインは何がいい?メバリング用ラインの選び方!!メバル

メバリングはとても人気の高い釣りです。ルアーフィッシングではラインの種類がとても重要です。今回の記事では、メバリング用ラインの選び方を紹介します。

 

ルアーフィッシングで使われるラインにはPEライン、フロロカーボンライン、ナイロンラインの3種類があります。

 

以前はフロロカーボンラインが人気でしたが最近ではPEラインの人気も高くなっています。

 

メバリングは夜間にやることが多いので、ライントラブルが良くあります。なので、メバリングではラインがとても大切です。

 

今回の記事ではメバリング用ラインの選び方を紹介するのでメバリングを始めてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

それではメバリング用ラインの選び方を紹介します。

それぞれラインの特徴

 

 

PEライン

PEラインは他のラインに比べて強度が強いので、他のラインより細いラインを使う事が出来ます。

 

ラインが細くなればそれだけ飛距離も伸びるので、メバリング上級者の方にはとても人気のあるラインです。PEラインは伸びがほとんどなく感度がいいので、感度のいいラインを使用したいならPEラインがいいでしょう。

 

ただ、伸びがすくないので、ルアーを吸い込む力の弱いメバルを釣る場合はルアーをちゃんと食う事が出来ずにルアーを弾いてしまう事があります。

 

PEラインは擦れに弱く、岩場などに擦れてしまうとすぐに切れてしまいます。PEラインを使う場合には、ラインの先端にショックリーダーとして他の素材のラインを結ぶ必要があります。

 

毎回ショックリーダーを結ぶのは面倒だったりするので、初心者の方は違うラインを使うのがいいと思います。

 

 

とても細いラインで飛距離も良く出るラインですが、軽すぎるため風に流されてしまいます。

 

12月や1月ごろにメバリングをする人は多いですが、12月や1月ごろは北風が強い季節になるので風の強い季節には使いづらいラインです。

 

 

フロロカーボンライン

以前はPEラインよりもフロロカーボンラインの方が人気がありました。

 

私はメバリングを始めるならフロロカーボンラインを使用するのがいいと思います。フロロカーボンであれば、感度もそれほど悪くなく、耐久性もあるのでオススメです。

 

ただ、巻きグセが付きやすいラインなので、硬いナイロンラインを使用するとライントラブルが多くなってしまいます。

 

ラインが太くなればラインとトラブルも多くなってしまうので、フロロカーボンラインを使用する場合は3lbまでにしておくのがいいと思います。

 

 

ナイロンライン

ナイロンラインは他のラインに比べて、魚が乗りやすく巻きグセも付きにくいのでライントラブルもないので初心者の方にはオススメのラインです。

 

メバルがなかなか乗らない場合やしっかり食わせて釣りたいと思う方はナイロンラインを使用するのがいいと思います。

 

値段も安く使いやすいラインなので、これからメバリングを始める方で、使いたいラインが決まっていないのであればナイロンラインを使用するのがいいと思います。

ロッドにあったラインを選ぶ

 

 

ロッドの相性に合わせてラインを選ぶのもいいと思います。

 

チューブラーティップのロッドであれば、PEラインと合わせることで感度のいいセットになり、ソリッドティップのロッドにフロロカーボンやナイロンのラインを合わせることでメバルを弾きづらい組み合わせになります。

 

使っているロッドやこれから購入しようと思っているロッドにあっているラインを選ぶことで,ロッドとラインのメリットを最大限に引き出すことができます。

 

 

釣り糸(ライン)の種類について紹介!!

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - メバル