釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

ルアーを使ってメバルを釣ろう!ルアーを使ったメバルの釣り方を紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

ルアーを使ってメバルを釣ろう!ルアーを使ったメバルの釣り方を紹介!!lgf01a201402280000

メバルやカサゴなどのロックフィッシュと言われる魚のルアーフィッシングは使う仕掛けも少ないので手軽に釣りを楽しむことができます。今回の記事では、ルアーを使ったメバルの釣り方を紹介します。

 

メバルを釣る時に使われる仕掛けは基本的にジグヘッドしか使わないので、覚えなければいけないことも少ないです。

 

 

なので、釣りをしたことがない方でも、手軽に楽しむことができる釣りの一つです。

 

防波堤から釣りを楽しむことができるので、足場もいいので、安全に釣りを楽しむことができるのも魅力だと思います。

 

最近では、ジグヘッドの仕掛け以外にもメタルジグなどのルアーも多く販売されています。ルアーの種類が増えればそれだけ釣りの幅も広がるので釣りが楽しくなります。

 

 

今回の記事ではルアーを使ったメバルの釣り方を紹介するので、メバルを釣ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

それではルアーを使ったメバルの釣り方を紹介します。

1、メバルを釣るために道具と仕掛け

 

 

まずは、メバルを釣るために必要な堂宇ぐと仕掛けなどのタックルについて紹介します。

 

 

 

1−1、メバリングロッド

メバルを釣る場合1番大切なのがロッドです。

 

バス用やトラウト用などのロッドを使うことができますが、メバリング専用のロッドを使った方がメバルのアタリや引きを楽しむことができます。

 

トラウト用やバス用だとロッドが短いので防波堤など水面から高い位置でやる時には使いづらいです。防波堤で釣りをするときは8ftぐらいのロッドが最適なので、本格的にメバリングをやろうと思ったら8ftぐらいのロッドを購入するようにしましょう。

 

 

 

1−2、メバリングリール

メバルを釣る時はスピニングリールを使います。

 

スピニングリールの大きさは2000〜2500番が最適です。リールにとって塩分は良くないので、海で使うリールはソルト対応のものを選ぶようにしてください。

 

メバリングで使われるリールで人気なのがダイワの月下美人です。15000円以上するリールなので少し高いですが、使いやすく性能もいいのでオススメです。

 

 

 

1−3、メバリングライン

メバルを釣る時に使用するラインはナイロンかフロロカーボンのです。

 

最近ではPEラインも使われていますが、PEラインを使う場合はラインの先にリーダーをつける必要があります。

 

PEラインは他のラインに比べて値段も高いので、初心者の方は値段の安いナイロンラインがいいと思います。

 

ラインの太さはナイロンかフロロカーボンの場合は4lb、PEラインの場合は0.2〜0.3号のラインがいいでしょう。

 

 

 

1−4、メバリングルアー

メバルを釣る場合はジグヘッドと呼ばれる針と重りが一緒になったものを使うのが1番基本的な釣り方です。

 

ジグヘッドは1〜5グラムぐらいまでを用意しておいた方がいいでしょう。

 

 

ジグヘッドをラインに結んで、メバル用のワームを取り付ければメバルを釣るための仕掛けは完成します。

 

ジグヘッドの他にも、小型のミノーやメタルジグなどメバル専用のルアーがいくつか販売されています。

 

どのルアーもただ巻きで釣りことができるルアーなので、難しく考えずどんどんキャストして巻いてくるのがいいと思います。

 

 

 

 

2、メバルの釣り方

メバルの釣り方はとても簡単です。

 

ルアーを付けてキャストしたら、水深50センチぐらの表層からスローリトリーブすることが基本です。スローリトリーブとはゆっくりルアーを引いていくことを言います。

 

水深50センチぐらいの表層から探って、メバルの反応がない場合は少しずつ深い水深を探るようにしましょう。

 

 

水深の取り方はルアーが着水してから秒数をカウントすることで水深がどのぐらいなのかを予想します。

 

カウントする数字を1秒ずつ増やしながらゆっくりルアーを引いていくようにしてください。

 

ゆっくりルアーを引いてくればいいのでただ巻きで釣ることができます。釣りをあまりしたことがない人でも釣りやすいと思います。

3、メバルが釣れる場所

 

 

メバルを釣る場合にはメバルが食べる餌が多くいる場所を見るけることが大切です。

 

 

メバルははフィッシュイーターなので小魚を食べます。

 

防波堤の場合は先端や港などの流れがあって小魚がいる場所を探しましょう。岩場なども小魚が多くいるのでオススメです。

 

 

夜の場合は常夜灯の光にプランクトンが集まり、そのプランクトンを食べに小魚があります。常夜灯にはメバルの餌になる小魚が多く集まるので夜は常夜灯の周りを探ってみるのがいいと思います。

 

岩場で釣りをする場合は足場が悪いのでスパイクを履いたり、夜間であればヘッドライトを用意するなど安全には十分注意してください。

 

 

 

 

4、メバルが釣れるシーズン・時間帯

 

 

 

メバルは夜によく釣れるというのは多くの人が知っていると思います。

 

 

メバルは日中は岩場でじっとしていて、日の入りの時間になってくると表層を近くで小魚を活発に応用になります。

 

なので、メバルを釣りに行こうと思ったら、夕方のまだ明るい時間に釣り場に行って、明るいうちに釣り場を確認したり、釣りの準備を済ましておきましょう。

 

 

明るいうちに準備を済ませて、夕まずめから釣りを始めるのがいいと思います。

 

メバルは春告げ魚を呼ばれる魚で、春になるとよく釣れるようになるこから、春告げ魚と呼ばれてます。

 

 

水温が15度より低くなると活性がよくなるので、冬から春にかけて水温が低い時がよく釣れる時期になります。

 

春からよく釣れると言われますが、通年を通して釣ることができる魚です。

 

 

メバルは釣っても楽しいし、食べても美味しい魚なので、とてもオススメの釣りの一つです。

 

メバルを釣るならいつ?メバル釣りにオススメの季節を紹介!!

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - メバル