釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

メバリングを始めよう!メバリングに必要なタックルや釣り方など基本知識を紹介!!

      2018/05/09

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

メバリングを始めよう!メバリングに必要なタックルや釣り方など基本知識を紹介!!

メバリングはとても人気の高い釣りです。使う道具も少なく、手軽に始められるので、初心者の方にもオススメの釣りです。今回の記事では、メバリングの基本知識を紹介します。

 

 

メバリングはメバルをワームやプラグなどのワームを使って釣ることを言います。

 

メバルは海釣りの中でも人気のターゲットで、釣るだけでなく、食べても美味しい魚です。

 

メバリングは比較的簡単に始めることができるので、これから釣りを始める方にもオススメです。

 

今回の記事では、メバリングはの基本知識を紹介するので、メバリングを始めてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

メバリングを始めるのに必要なもの

 

 

釣りをするためには、ロッド、リール、ライン、ルアーが必要になります。メバリングの場合はバス釣り用のタックルを流用することもできます。

 

ただ、海での釣りになるので、海水対応のものを使用するようにしましょう。

 

 

 

メバリングにオススメのロッド

 

 

メバリングでは7〜8フィート前後のロッドを使用します。始めは適応範囲の広い7.6フィート前後のロッドがオススメです。

 

メバリングでは1〜1.5gのルアーを使うことが多いので、ルアー適合があっているものを選ぶようにしましょう。

 

 

ティップの種類

 

 

ティップとはロッドの穂先のことを言います。メバリングロッドにはチューブラーティップとソリッドティップの2種類のティップがあります。

 

チューブラーティップはティップの中が空洞になっています。空洞になっているので、強度を持たせるために、チィップが太く硬くなっています。

 

この硬さによってハリが生まれて、メバルの繊細な当たりをロッドで感じやすくなっています。ただ、ティップが硬いぶんメバルの繊細のバイトを弾きやすいといったデメリットがあります。

 

 

ソリッドティップ

 

 

ティップの中が空洞になっていません。なので、ティップを細く作ることができ、細くなって柔らかくなっているので、メバルのアタリを弾きづらくなっています。

 

プラグやメタルジグを使うならチューブラーティップの方が使いやすく、ワームを使うならソリッドティップが使いやすいです。

 

 

 

メバリングにオススメのリール

 

 

リールは2000番か2500番のものを使います。

 

キャストすることが多い釣りなので、リールはなるべく軽いものがオススメです。

 

 

 

メバリングにオススメのライン

 

 

メバリングでは根ズレに強いフロロカーボンがよく使われますが、初めてメバリングをする方はナイロンラインがオススメです。

 

ナイロンラインはフロロカーボンに比べてライントラブルが少なく扱いやすく値段も安いので、初心者の方でも使いやすいと思います。

 

根ズレがきになる方はショックリーダーにフロロカーボンを使うのがいいと思います。

 

 

 

メバリングにオススメのワーム

 

 

メバリングでは2インチ前後のワームが使われます。ストレート系やピンテール系のワームが人気です。

 

ワームは様々カラーを用意して、ローテーションさせながら使うことで釣果を伸ばすことができます。アピール系のカラーやナチュラル系のカラーや定番のホワイトなどいくつか用意しておきましょう。

 

 

 

メバリングにオススメのジグヘッド

 

 

ジグヘッドとはオモリとハリが一緒になった物のことを言います。

 

シグヘッドにワームを差し込むだけの簡単な仕掛けなので、初心者の方でも扱いやすいです。メバリングでは、メバルの活性や狙う水深によって、ジグヘッドの重さを調整する必要があります。

 

1.5g前後のジグヘッドがよく使われていますが、食いが渋い場合にはジグヘッドを軽くしていきます。

 

 

 

メバリングにオススメのプラグ

 

 

メバリングではメタルジグやプラブなどのルアーも使います。

 

小型のミノーやシンキングペンシル、小さなメタルジグなどを使ってメバルを釣ることができます。ワームでは届かない場所へキャストすることができるので、メバリングに行くならプラグも用意しておくのがいいと思います。

 

 

 

メバリングのポイントについて

 

 

メバルは季節によって行動パターンが変わります。メバルを釣る場合には季節に合わせたポイントで季節に合わせた釣り方をするようにしましょう。

 

 

 

春のメバル

 

 

メバルは暖かくなると浅いレンジにいるようになり、釣れるサイズも大きくなります。

 

3月などのまだ寒い時期は、まだ動きも鈍いので、壁などにぴったりとワームを落として誘うのがオススメです。

 

4月ぐらいになって暖かい日が続くようになると浅いレンジで釣れ始めます。このころからプラグメインで探って行くのがいいと思います。

 

 

夏のメバル

 

夏はメバルのオフシーズンになります。メバルは適温が14度と言われているので、14度を超えた当たりから徐々に沖の深場へ移動していきます。

 

 

秋のメバル

 

9月10月あたりはまだ暑いので、メバルは沖の深場にいます。11月になれば、一気にメバルの適温になるので、多くのメバルが接岸します。

 

春のハイシーズンほど大きなメバルは釣れませんが、積極的にルアーを追うようになります。

 

 

冬のメバル

 

12月〜1月は春の次にメバルが釣りやすいシーズンです。藻場やストラクチャー周辺についていることが多いので、そういった場所を積極的に狙っていきましょう。

 

2月の水温が低い時期は水温の高い場所に移動しています。温排水が出ている場所や工場地帯の水温が高い場所を探してみてください。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - メバル