釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

スロージギングのやり方・タックル・釣れる魚を紹介!!

      2018/03/04

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

スロージギングのやり方・タックル・釣れる魚を紹介!!スロージギングは活性の低い魚を釣る時に効果的な釣り方です。スロージギングは激しくしゃくったりする必要もないので、女性や子供でも楽しむことができます。今回の記事では、スロージギングのやり方とタックルの選び方を紹介します。

 

ジグにスローに動かすことによって、活性の低い魚や根魚に効率よく口を使わせることができる釣り方です。

 

狙える魚も青物から根魚まで幅広く、状況によってはイカも釣れるのでやっていても楽しい釣り方です。

 

今回の記事では、スロージギングのやり方とタックルの選び方を紹介するので、スロージギングを初めてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

スロージギングのタックル

 

 

スロージギングでは通常のジギングとは異なる専用のタックルを使用します。なので、スロージギングをする場合は専用のタックルを用意するようにしてください。

 

ロッド

 

スロージギング用のロッドは各社から販売されています。スロージギング用のロッドは高弾性で胴調子になっていることが多いです。

 

高弾性な方がルアーを遠くに飛ばすことができるので、スロージギングでは高弾性のロッドが人気です。

 

 

リール

 

スロージギングではベイトリールを使うのが基本です。リールはジグをしっかり動かすことができるようにハイギアのものを選ぶのがいいと思います。

 

スロージギングでは、1.5〜2号ぐらいのPEラインを使うことが多いので、2号のPEラインを2〜300mぐらい巻けることができるリールを購入するようにしてください。

 

 

ジグ

 

スロージギングでは、スロージギング専用のジグを使用します。扁平状のジグがよく使われています。

 

ライトジギングにオススメのロッドはこちらの記事で、ライトジギングロッドの選び方とオススメのロッドを紹介!!しているので、こちらの記事も読んでみてください。

 

スロージギングのやり方

 

 

スロージギングでのジグの操作方法は大きく分けると2つのパターンがあります。

 

スローにリールを巻きながら、ロッドを小さくしゃくる方法と大きくしゃくってゆっくりとフォールさせる方法があります。

 

二つの方法を詳しく紹介します。

 

 

ロッドを小さくしゃくるやり方

 

ロッドを水平よりもやや上向きにして、着底後すぐにリルを半回転させてポーズさせます。この時にジグの重みでロッドが曲がって、ロッドの反発でジグが水中でアクションします。

 

反動を利用してフォールさせることでジグがフラッシュしながら水平にフォールしてくれます。このアクションを繰り返すことで、短い距離でターゲットを誘うことができます。

 

 

大きくしゃくるやり方

 

 

ロッドを下に向けて、リールを巻かずに大きく頭の上までしゃくります。ここからジグが落ちていくスピードに合わせて、ラインのテンションをキープさせたままフォールさせたり、フリーでフォールさせます。

 

フォール中にあたりをとる釣り方なので、フォールさせている時はしっかりと注意してください。

 

 

 

スロージギングで釣れる魚

 

スロージギングでは色々な魚が釣れます。簡単にスロージギングで釣れる魚を紹介します。

 

根魚

 

スロージギングでは定番のターゲットになります。

 

大型のカサゴからキジハタはもちろんですが、よりディープなエリアにいるクエなどの高級魚を釣ることもできます。根魚を狙う場合は、ロッドを大きくしゃくってロングフォールで狙うのが基本になります。

 

 

青物

 

ディープエリアにいるカンパチや近海にいるブリやヒラマサなどの青物が狙えます。大型の青物を狙う場合はタックルもそれ相応にパワーのあるものが必要になります。

 

 

マダイ

 

スロージギングでは大きなマダイも狙えます。青物に比べて突くようなバイトをします。

 

 

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ジギング