釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

船釣りを始めてみたい!!始めての方にオススメのライトジギングの釣り方

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

船釣りを始めてみたい!!始めての方にオススメのライトジギングの釣り方lgf01a201402280000

ジギング初心者の方にオススメなのがライトジギングです。ライトジギングは比較的軽いジグを使って釣りをするので初心者の方で釣りやすいです。今回の記事ではライトジギングの釣り方を紹介します。

 

ライトジギングは水深が30メートル前後の場所でする釣りで、使うジグも40グラム前後なので比較的軽くジギング初心者の方でもアジ目やすい釣りです。

 

ライトジギングではハマチやカンパチなどの青物や、ハタやマダイなどの魚も釣ることができます。

 

ライトジギングはジギングの中でも比較的気軽にできる釣りなので、ジギングを始めてみたい方はぜひライトジギングから始めてみてください。

 

今回の記事では、ライトジギングの釣り方を紹介するのでライトジギングを始めてみたい方はぜひ読んでみてください。

 

それではライトジギングの釣り方を紹介します。

ライトジギングに必要なロッド

 

ライトジギング用のロッドは各メーカーから販売されているので、本格的にライトジギングを始めようと思ったら専用のロッドを購入するのがいいと思います。

 

バスロッドを流用することもできるのもライトジギングが手軽な理由の一つです。シーバスを釣っていたりする方はシーバス用のタックルを使うのもいいと思います。

 

ですが、ジギングに行く前に近くの海でジグを試しに投げてみてください。ジグの重さがロッドに合っていないとちゃんと投げることができません。

 

大きな青物がかかるとバス用のロッドではパワー不足になってしまうかもしれないので使うロッドのスペックもちゃんと確認しておきましょう。

 

ライトジギング用のロッドも意外に安く1万円前後で購入することもできます。なので、ライトジギング用のロッドを購入するのがいいと思います。

 

 

 

 

ライトジギングに必要なリール

 

 

 

リールは丈夫なものを選びましょう。

 

剛性はすごく大切です。

 

 

ライトジギングで狙う魚はすごくいい引きをします。安物のリールだとリールが歪んでしまうことがあります。なので、1万円前後のリールを選ぶのがいいと思います。

 

ドラグの性能も大切です。ベイトリールを使っていてもラインが出されるほどの引きです。ベイトリールでもドラグ性能はいいものを選ぶようにしましょう。

 

バス用のタックルだとサビないように塩を落とさなければいけません。結構面倒なので海用のリールを購入しておくのがいいと思います。

 

 

 

 

ライトジギングに必要なライン

 

ライトジギングの場合は0.8号のPEラインがいいでしょう。

 

0.8号じゃ細すぎて心配な場合は2号ぐらいのラインを巻いておくのもいいでしょう。

 

10メートル刻みで色が変わっているPEラインを使いましょう。色を覚えておけば大体底に着いたかどうかがわかるのでオススメです。

 

底についているはずなのに糸が出続けている場合は魚がかかっています。そういうのもわかるので色付きのラインがいいと思います。

 

PEラインは擦れに弱いので、ショックリーダーをつけるようにしてください。リーダーはフロロかナイロンの4号か8号が使用しましょう。

 

4号の場合はやりとりに時間が大変になるので、始めてジギングをする場合は8号を使用するのがいいと思います。

 

シーダーの長さは1メートル以上とってください。長い方がルアーの動きもナチュラルになるので5メートルぐらい巻いておくのもありです。

ライトジギングに必要なルアー

 

 

 

お店に行くと色々なジグが販売されています。

 

30〜40グラムであればどんなルアーを使っても大丈夫です。人気のあるカラーはピンクとブルーです。

 

他にもタイラバやインチクといったルアーもあるのでいくつか用意していくのがいいともいます。

 

タイラバやインチクは緩くしゃくったりただ巻きで釣ることができるので、1日中ジグをしゃくっていて疲れた時に使ったりするのがいいと思います。

 

 

 

 

ライトジギングの釣り方

 

 

ライトジギングの釣り方は簡単です。

 

ジグを投げたら、そこまで落としてあとはしゃくりながらリールを巻き続けます。

 

しゃくり方やリールの巻くスピードなんかはやりながら覚えるしかありません。基本はロッドを1回しゃくるたびにリールを1回巻きます。

 

慣れてきたらしゃくりを2回にしたり途中で間を作ったりしてリズムを変えるのもいいでしょう。

 

シーバスを釣ろう!!シーバス用ロッドの選び方を紹介!!

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ジギング