釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

エギングで使われるルアーの種類と使いかたを紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

エギングで使われるルアーの種類と使いかたを紹介!!lgf01a201402280000

ライトジギングではジグと呼ばれるルアーの他に、インチクやタイラバと呼ばれるルアーも使われます。今回の記事ではエギングで使われるルアーの種類と使いかたを紹介します。

 

ライトジギングは軽いルアーを使うので、ジギングの中でも比較的手軽にできる釣りです。

 

 

40g前後のルアーを使ってする釣りなので、ルアーウェイトがあっていればシーバス用のロッドやバス用のロッドを使うことができます。

 

なので、エギングは始めてみたい方はライトエギングがオススメです。

 

 

今回の記事では、ライトジギングで使われるルアーの種類と使い方を紹介するので、ライトエギングを始めてみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

それではライトジギングで使われるルアーの種類と使い方を紹介します。

1、メタルジグ

餌木以外でイカを釣るとき、エギングで1番使われるのがメタルジグです。

 

ライトジギングでは40g前後のメタルジグを集めましょう。色はブルーとピンクが人気です。

 

メタルジグの重さは使う場所の水深によって変わります。40g前後のメタルジグは水深が30メートル前後も場所で使います。

 

 

50〜80メートル前後の場所では60〜120グラム、80〜110メートル前後の場所では120〜180グラム前後のルアーを使うのが一般的です。

 

銀色にピンクやブルーのカラーが付いているのはハズレのないルアーなのでいくつか用意しておきましょう。

 

もう少し思いルアーが使いたかったら、思いルアーが使えるタックルを用意するようにしましょう。

 

値段は600〜1000円ぐらいで購入することができます。

 

 

メタルギグはキャストしたら底まで落として、しゃくりながらリールを巻いて使います。基本は1度しゃくりるたびにリールを1回巻きます。

 

 

最初からフックがついてるメタルジグもありますが、大体のメタルジグは本体だけで販売されています。

 

なので、メタルジグ使う場合はフックも別に購入しておく必要があります。

 

 

 

 

2、タイラバ


タイラバは基本的にただ巻きで使うことができるルアーで、もともと漁師さんが使っていた漁具なのでとてもよく釣れるルアーです。

 

一定の速度でひたすら巻き続けるだけで釣れるルアーなので、メタルジグを使っていて疲れたらタライバを使うのがいいと思います。

 

 

タイラバを使う時に1番重要なのが底に付いたらすぐに巻き始めることです。

 

鯛はフォール中にタライバを追いかけています。フィールして底に付いた時にルアーを動かさないと興味をなくして去って行ってしまいます。

 

なので、タイラバを使うときは底に付いたらすぐに巻き始めるようにしましょう。巻き始めは思いっきり巻き始めた方がよく釣れます。

 

フィールさせるときは、サミングさせながらフォールさせるようにしましょう。サミングさせながらフォールさせることで、糸ふけを押させることができて、フィール中の当たりもわかりやすくなります。

3、インチク

インチクとはもともと漁師の方が使っていた丸子鉛と言う漁具が発送となっているルアーです。

 

メタルジグのような重りにタコベイトがついているのが特徴です。色々な魚が釣れるルアーなので使っていてとても楽しいルアーです。

 

使い方はとても簡単です。キャストしたら軽くしゃくるだけで釣ることができます。ゆっくりしゃくる釣り方をスローピッチングジャークと言います。強くしゃくってしまうと釣れなくなってしまうので注意してください。

 

 

ジギングのように高速でリトリーブさせたり、連続でジャークさせたりする必要がなく、ジギングを使うより体力が必要ないので女性や子供の方でも使いやすく人気のルアーです。

 

もともと漁師の方が使っていたルアーなのでとてもよく釣れるルアーです。

 

動かさなくても釣れるルアーなので初心者の方でも使いやすいです。

 

 

エギング初心者でも釣れる!!初心者でも簡単に釣れるエギングの基本を紹介!!

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ジギング