釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

【ルアーで釣ろう!!】ルアーを使ったヒラメの釣り方を紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

【ルアーで釣ろう!!】ルアーを使ったヒラメの釣り方を紹介!!

ヒラメは海底に潜んでいて、餌となる魚が来るのを待っているイメージがありますが、実際はよく泳ぎ回って獲物を探して捕食するフィッシュイーターです。ルアーフィッシングをする方にもとても人気のターゲットです。今回の記事ではヒラメの釣り方を紹介します。

 

ヒラメは秋から冬にかけて釣ることができる魚です。餌となるベイトフィッシュが接岸していれば、通年狙うことができますが、秋から冬のシーズンが1番脂が乗っていて美味しい季節です。

 

 

夏の産卵後のヒラメは全然美味しくないので、食べるのであれば、夏は狙わない方がいいでしょう。ヒラメは高級魚で食べても美味しい魚なので、ターゲットとしてとてもオススメです。

 

今回の記事では、ヒラメの釣り方を紹介するので、ヒラメを釣ってみたいと思い方ぜひよんでみてください。

 

それではヒラメの釣り方を紹介します。

 

 

 

ヒラメを釣るのに必要なタックル

 

 

 

ウェダー&ライフジャケット

 

堤防からも釣ることはできますが、ヒラメはサーフから遠投して釣るのが一般的です。サーフから釣りをする場合は安全のためにライフジャケットと、足が濡れないようにするためにウェーダーが必要になります。

 

 

ウェーダーには色々な種類がありますが、海で使う場合は意外に高い波が来たりすることがあるので、胸元まであるタイプのものを選びようにしましょう。

 

 

 

ヒラメ用のロッド

 

 

ヒラメ用のロッドはなるべく長いロッドで9.6ft以上のものを用意するようにしましょう。

 

ロッドが短いと波のあるポイントでがラインが波に流されてしまい、うまくルアーを操作することができなくなってしまいます。

 

 

ロッドの硬さはミディアムかミディアムライトがいいと思います。自分がよく使うルアーによって使い分けるようにしましょう。ミディアムの場合はメタルジグを遠投したりする場合には使いやすいですが、軽いルアーをつ会う場合は飛距離が出なかったり、扱いづらくなります。

 

 

 

ヒラメ用リール

 

リールはシーバス用のリールなどを流用するのがいいでしょう。リールの大きさは、2500番〜3500番あたりのもので、使うロッドにあっているものを選ぶのがいいでしょう。

 

ヒラメを釣る場合は長めのロッドを使うので、リールも若干大きなものを選んだ方がロッドとのバランスも良くなります。

 

 

 

ヒラメ用ライン

 

サーフでヒラメを釣る場合はメインラインがPEラインで、リーダにナイロンかフロロのラインを使うのが一般的です。

 

 

 

ヒラメ用ルアー

 

 

どんなルアーでもヒラメを釣ることはできます。

 

ヒラメは海底でじっとしているだけじゃなく、イワシなどの魚を追って、表層までボイルすることがあります。なので、表層系のミノーでも問題なくヒラメを釣ることができます。

 

遠投が必要な場合もあるので、遠投がしやすいメタルジグも用意しておきましょう。また、ワームでも良く釣れるので、ワームとジグヘッドを用意しておくようにしましょう。

 

 

ルアーを使ったヒラメの釣り方

 

 

ルアーを使ったヒラメの釣り方はサーフからのシーバスの釣り方と同じです。

 

ルアーを沖から投げて、あとは巻くだけです。シーバスを釣る時と同じようにロッドアクションを入れたりもします。

 

ヒラメは積極的に魚を追うので、足元まで追ってバイトすることもあるので、最後まで気を抜かないようにしましょう。

 

 

ヒラメはワームでも良く釣れます。ハードルアーで釣れない時はワームを使ってみるのがいいとおもいます。

 

ヒラメの活性が低い時は、ワームで丁寧に底の方をズル引きしていくと活性が低くあまり動かないヒラメを釣ることができます。

 

ヒラメを釣る時は、エサ釣りの場合すぐに合わせず、アタリがあっても数秒待ってから合わせるのが普通ですが、ルアーを使って釣る場合はバイトは一瞬なので、バイトがあったらすぐに合わせます。

 

かかった魚を寄せる時は、波の動きに合わせて、寄せるようにしましょう。引く波に合わせて寄せてしまうと、波に揉まれて魚がバレてしまうことがあります。なので、魚を寄せる時は波が寄せているタイミングにしましょう。

 

 

 

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ヒラメ