釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

ヤエン釣りに必要な道具とヤエン釣りのやり方を紹介!!

   

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

ヤエン釣りに必要な道具とヤエン釣りのやり方を紹介!!

アオリイカを釣る方法には、エギングの他にヤエン釣りといった方法があります。今回の記事ではヤエン釣りに必要な道具とヤエン釣りのやり方を紹介します。

 

 

 

ヤエン釣りとはヤエン仕掛けを使ったアオリイカの釣り方です。アオリイカを釣る方法にはエギを使ったエギングが有名ですが、ヤエン釣りは餌を使った釣り方なので、アオリイカの反応もいいので、よく釣れます。

 

エギングに比べると、餌を用意するのが少し面倒ですが、よく釣れるので初めて釣りをする方や家族と釣りに行く方にはオススメです。

 

 

ヤエン仕掛けに必要なもの

 

ヤエン仕掛けは道糸の先に餌をセットして、餌にアオリイカが抱きついた時に、ヤエンと呼ばれる仕掛け針を道糸を使って落としていって、ヤエン針でイカを引っ掛けてつる方法です。

 

 

ヤエン

 

あおりねっと 挟み式ヤエン(標準型) ブラック
ヤエンはワイヤーの先にカンナと呼ばれる引っ掛けばりが付いています。このカンナをイカに引っ掛けることでイカを釣ります。

 

ヤエンにはハサミ式のものがあります。ハサミ式は上下からイカを挟み込んでくれるので、しっかりとイカを挟んで離しません。

 

私は挟み込みタイプがオススメですが、他にも色々なタイプがあるので、自分が使ってみないものを使うのがいいと思います。

 

 

 

あおりねっと☆アジフック(黒色 20本入り) (L)
生き餌のアジを固定するために針を使用します。

 

味はあちこちに泳ぎ回るので、糸ヨレしないようにサルカン付きのものを選ぶようにしましょう。針を使わないで糸と直接味の尻尾に結ぶ方法もありますが、手間がかかるので、針を使った方が簡単にできます。

 

 

 

餌は生きたアジを使うことが置いですが、冷凍のアジを使ってもヤエン釣りを行うことができます。

 

ヤエン釣りをする場合は、まずは現場で小アジを釣ってそれをそのまま餌として使用するのが糸思います。

 

 

 

ヤエン釣りに必要なタックル

 

 

ヤエン釣りをする場合は5メートル前後の磯竿と2000〜3000番のスピニングリールを使用して釣りをします。

 

アオリイカ専用のタックルも販売されているので、本格的にアオリイカを狙う場合はアオリイカ専用のタックルを用意するのがいいと思います。

 

 

アオリイカを釣るのにオススメのリール

 

 

 

ダイワ アオリトライアル

 

ダイワ(Daiwa) スピニングリール アオリトライアル 2500BR
ドラグの設定がクラッチ一つでできるので、アオリイカを釣る時に使いやすいリールなのでオススメです。

 

 

シマノ アオリスタ

 

シマノ リール 13 アオリスタ BB 2500
ドラグノ送り出しもスムーズで、ファイティングの時にドラグの設定がすぐにできるようにファイティングレバーが付いています。

 

本格的にアオリイカを狙う時にはオススメです。

 

 

ダイワ リバティクラブ アオリイカ

 

ダイワ(Daiwa) 磯竿 スピニング リバティクラブ アオリイカ 2号-51 釣り竿
大型のイカを引き寄せるだけのパワーもあって、アジを疲れさせないように穂先が繊細になっています。

 

ヤエン釣りをする場合にはとてもオススメのロッドです。

 

 

ヤエン釣りの釣り方

 

 

アオリイカがヒットしても、イカにヤエンがが引っかかる前に、餌を食べ尽くされてしまったり、餌を話して逃げてしまうことがあります。

 

しっかりイカを釣り上げるためには、何回も練習することが大切です。まずは基本のヤエン釣りの釣り方を紹介します。

 

 

生きアジに針をセットする

 

 

アオリイカの餌になる生きアジに針をセットします。針をセットする場所は尾びれの下側2cmぐらいの位置に軽く針をかけます。

 

素手で掴むと味が弱ってしまうので、濡れタオルなどで掴むようにしてください。

 

 

アジを泳がせる

 

岸の近くにキャストしてしまうとアジが岸によってしまうので、なるべく沖の方へ優しくキャストするようにしましょう。

 

アジを沖へキャストしたら、アジが泳ぎだしてボトムに到着するのを待ちましょう。この時はイカが餌を持っていった時にスムーズに意図が出て行くようにドラグはかなりゆるくしておきましょう。

 

 

イカを引き寄せる

 

イカがかかってラインが走ったら、すぐに竿を立てたりせず3分ぐらい時間をおいて、イカが餌を本食いするまで待ちましょう。

 

ラインが止まったら本食いしている証拠なので、ヤエンが届く距離までゆっくりとリールを巻いて生きましょう。

 

 

ヤエンを送る

 

ラインの角度が45度ぐらいになればヤエンを送り込むことができます。立ち位置にもよりますが、自分とイカの距離が10〜20mぐらいでヤエンを送り込むのがいいと思います。

 

道糸を掴んでヤエンをセットして落として生きましょう。

 

 

あわせる

 

ヤエンがイカまで到着したら、少し竿をさげてから火炎が跳ね上がるようにしっかりと合わせましょう。

 

ヤエンがイカまで到達すると振動が竿先に伝わるので、それを合図に合わせてください。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - エギング