釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

エギング初心者でも釣れる!!初心者でも簡単に釣れるエギングの基本を紹介!!

      2018/03/05

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

エギング初心者でも釣れる!!初心者でも簡単に釣れるエギングの基本を紹介!!

エギングを始めてみようと思うと思ってもボウズだったらやだなって思いますよね。でも、エギングはちゃんと基本さえ覚えていけば簡単に釣ることができます。今回の記事ではエギング初心者でも釣れるエギングの基本を紹介します。

 

エギングとは日本古来の疑似餌、餌木を使うルアーフィッシングのことを言います。

 

ターゲットはアオリイカですが、他のイカも良く釣れます。アオリイカは引きが強いでの釣っても楽しいし食べても美味しいのでターゲットとして、とても人気です。

 

エギングにはテクニックが入り、釣り方の基本を知らないと釣るのが難しくなります。ただ、基本さえ覚えておけば簡単に釣ることができるので、釣り初心者の方にもオススメの釣りです。

 

今回の記事ではエギング初心者でも釣れるエギングの基本を紹介するので、エギングを始めてみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

それでは、エギング初心者でも釣れるエギングの基本を紹介します。

1、タックルが重要

 

 

 

まずエギングを始めるならタックルが重要です。

 

エギングはしゃくり続けなければいけないので、釣りの中でも疲れる釣りです。エギングはシャープにしゃくることでちゃんとエギがアクションするので、適当にしゃくっていてはイカを釣ることはできません。

 

重くて使いづらいタックルでエギングをしているとすぐに疲れてしまって、ちゃんとしゃくることができなくなってしまいます。

 

なのでタックルは重要です。使いづらいタックルでは長い時間釣りをすることができないので、イカも釣れなくなります。

 

また、遠くまでキャストできるようなタックルでエギングをするのがいいでしょう。秋イカなど小さいイカを狙ったタックルの場合遠くまでキャストするのが難しくなります。

 

なので、子イカに合わせたタックルを購入するよりは、春の大型のシーズンでも使えるオーソドックスなタックルを揃えるのがいいでしょう。

 

 

 

 

2、なるべく遠くまでキャストする

 

 

 

イカが集まるいいポイントであれば普通に釣りをしていて釣ることもできますが、首都圏などのイカの数が少ない場所では遠くまでキャストしないとイカを釣ることができません。

 

近くには中々イカはいないく、いても藻の奥深くに潜んでいます。もの奥深くを攻めようとしても、根がかってしまい釣りになりません。

 

先ほども話しましたが、遠くまでキャストできるように、飛距離が伸びるようなタックルでエギングをするようにしましょう。

 

しかし、ラインが細すぎるとラインが切れてしまってエギだけが飛んでいってしまうので注意してください。

3、イカが集まるポイントを探す

 

 

 

エギングをするときに有名なポイントの探し方が堤防を歩きながらスミ跡を探す方法です。

 

スミ跡があるところは、その周辺でイカが釣れている証拠なので、いいポイントの可能性が高いです。なので、エギングをするときは歩きながら良さそうなポイントがないか探すようにしましょう。

 

イカが好むポイントは、藻など隠れられることろがあり、餌となる小魚が豊富で、波が比較的緩やかなとこです。

 

海藻が生えているところや沈み根の周りなどの障害物や舟道などの水中の駆け上がりの周りにイカが集まっていることが多いです。

 

ただ、そういった場所は根掛かりがしやすいので、釣りづらくもあります。エギングをしているとエギが根がかったりして無くなってしまうことが多いので、初めてエギングをする方は、安いエギをいくつも持っていくのがいいと思います。

 

あまり高いエギを買っても使っているうちにロストしてしまうので、最初のうちは中古などの安いものを集めるようにしましょう。

 

こんな記事もオススメです。

 

アオリイカを釣ろう!エギングを始めるのに必要な道具紹介!!

エギングに最適のリールとは?オススメのエギングリールを紹介!!

2万円以下で買えるエギングにオススメのロッドを紹介!!

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - エギング