釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

エギングを始めよう!!エギングの仕掛けについて紹介!!

      2018/05/27

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

エギングを始めよう!!エギングの仕掛けについて紹介!!

エギングは使う道具も少なく、比較的簡単に釣ることができるので、人気の釣りです。釣っても楽しくて、食べても美味しいので、とてもオススメの釣りです。今回の記事ではエギングの仕掛けについて紹介します。

 

 

 

エギングは近年人気の釣りの一つです。イカは食べても美味しくて、釣っても楽しいので、とても人気のターゲットになっています。

 

エギと呼ばれるルアーを使って、比較的簡単に釣ることができるので、近くにいいポイントがある方には始めやすい釣りです。

 

今回の記事では、エギングの仕掛けについて紹介するので、エギングを始めてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

エギングの釣り方

 

 

 

簡単にエギングの釣り方を紹介すると、エギを遠くまで投げて、海底まで沈めます。沈んだところで、竿先を数回シャクってエギを動かします。

 

たるんだラインを巻き取りながら、また着底を感じたら、竿先をシャクってエギを動かしてください。

 

ちゃんと底を取ることができれば、比較的簡単に釣りことができるので、初めてエギングをする方はしっかり着底を感じて底を取るようにしましょう。

 

イカがかかるとズンと重くなります。重くなって、リールが引っ張られたら、慌てずにリールを巻き上げてください。

 

 

 

エギングの仕掛け

 

 

エギングでは、ロッド・リール・エギ・メインライン・ショックリーダーが必要です。

 

使う道具が少ないので、初心者の方でも始めやすいと思います。エギングは仕掛けがすごくシンプルなのも人気の理由の一つです。

 

サルカンがあるとエギを簡単に交換することができるので、サルカンを用意しておくのがいいと思います。

 

 

 

エギングロッドの選び方

 

 

今はエギング専用のロッドがたくさんあります。

 

扱いやすい長さは3メートル前後と言われています。長いと遠投はしやすくなりますが、取り扱いが大変なので、初めての方は2メートル前後のロッドの方が使いやすいと思います。

 

ロッドの硬さはM〜MHぐらいのものが使いやすいです。

 

 

 

エギングリールの選び方

 

 

 

エギングでは、1日に何回もシャクるので、なるべく軽いリールがオススメです。また、糸ふけを素早く巻き取ることができる、ギア率の高いものがオススメです。

 

 

リールの大きさは2500〜3000番がオススメです。エギングではリールの性能が大切なので、なるべくいいものを選ぶのがいいと思います。

 

 

 

エギング用のラインの選び方

 

 

エギングのラインにはPEラインがよく使われています。ナイロンラインもよく使われますが、ナイロンラインは伸びやすくいので、アクションが伝わりづらいので、伸びが少なく感度のいいPEラインがオススメです。

 

 

メインラインの他にショックリーダーも用意しておきましょう。PEラインは岩などの障害物に擦れると簡単に切れてしまいます。

 

なので、PEラインの先端にショックリーダーを結んで、ショックリーダーの先にエギを結ぶようにしてください。

 

ショックリーダーには擦れに強いフロロカーボンがオススメです。

 

 

 

エギ

 

 

エギも値段はピンキリです。今はダイソーなどの100均でもエギが売っています。

 

エギングでは底を取らなきといけないので、根掛りしてしまうことがあります。根掛りすることも多いので、初めてエギングをする方は100均で安いエギをいくつか用意しておくのがいいと思います。

 

100均のものであれば、値段も安いんで10個買っても1000円で収まります。根掛りしてなくなってしまうこともあるので、慣れるまでは高いエギは使わない方がいいと思います。

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - エギング