釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

バス釣り初心者でも釣れる!!鉄板の釣り方を紹介!!

      2018/03/18

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

バス釣り初心者でも釣れる!!鉄板の釣り方を紹介!!1024-cc-library010002642

バス釣りを始めてみたけど、なかなかバスが釣れないって人も多いいんじゃないでしょうか?今回の記事ではバス釣り初心者でも釣れる鉄板の釣り方を初心者します。

 

周りの人はいっぱい釣れているのに自分はなかなか釣れないことってよくありますよね。教えてくれる人が周りにいればすぐに上達しますが、そうじゃないとどうすれば釣れるのか悩んでしまいますよね。

 

 

私も釣りを始めたばかりの頃はなかなかブラックバスを釣る事ができなかったので、悔しい思いをしなが帰った事がよくありました。

 

子供にブラックバスを釣らせてあげたい場合などにも役立つと思います。

 

 

今回の記事ではバス釣り初心者でも釣れる鉄板の釣り方を紹介するので、バス釣り初心者の人や数を釣りたい人はぜひ読んでみてください。

 

それではバス釣り初心者でも釣れる鉄板の釣り方を紹介します。

 

1、ルアーよりワームの方が釣れる


3.5インチカットテールワーム#002
まず、ルアーよりワームの方がよく釣れます。

 

 

ルアーの方が動きもあって釣りをしていて楽しいと思う人もいると思いますが、数を釣りたいと思ったらルアーよりワームの方が釣りやすいです。

 

ワームにも実績のある釣れやすいものがあるので実績のある釣れやすいワームをまずは使ってみましょう。

 

 

ワームの色も実績のあるカラーで選んで問題ないでしょう。赤色などの派手なカラーとウォーターメロンなどの暗い色があれば釣りやすいと思います。

 

いくつか実績のあるワームを用意しておくだけで、簡単にブラックバスを釣る事ができるのでオススメです。

 

 



2、足元を狙う

 

 

 

遠くに投げて引いてくるよりも足元を重点的に探っていったほうが数を釣る事ができます。

 

 

ブラックバスが身を寄せられる障害物をストラクチャーと言うのですが、遠くのストラクチャーに投げるよりも、足元のストラクチャーにワームを落として探っていった方が、確実にブラックバスを釣る事ができます。

 

 

アシが生えているところや、木が倒れている場所や、岸など壁がある所などにブラックバスは付いています。

 

 

夏場は日陰などの水温が低くなるところにバスが良くいるので、木の陰や岸があって日陰になっている所にブラックバスがいるので、そういった所をまず狙ってみましょう。

 

 

足元のブラックバスが隠れていそうな所にワームを底まで落として、ちょんちょんとアクションをつけながらリールを巻いていきましょう。

 

 

歩きながらいくつかポイントを探っているとブラックバスを釣る事ができます。

 

この方法であれば、ワームが根掛かってしまう事も少ないのでスムーズに釣りを楽しむことができます。

 

 

足元を狙って釣りやすい時期は春〜夏にかけてです。

 

 

秋にあると池や川を泳ぎ回って餌を探すようになるので、秋に釣りに行く場合は広範囲に狙ってみた方が釣りやすいと思います。

 

 


3、釣れやすい時期に行く

 

 

 

ブラックバスが釣れやすい時期に行くのも一つの手だと思います。

 

 

ブラックバスは冬になると冬眠するので、なかなか釣る事ができなくなってしまいます。

 

どんなにいい腕を持っていてもブラックバスの活性の低いときに釣りをしていたら数を釣るのは難しいです。

 

ブラックバスは冬場でなければいつでも釣りやすい魚ですが、私は1番釣りやすい時期は夏場だと思います。

 

夏場であれば、ブラックバスはストラクチャーに隠れていることが多いいですし、餌もよく食べているので釣りやすいです。

 

 

 

こんな記事もオススメです。



この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ブラックバス