釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

ベイトリールでピッチングを使用!ピッチングの投げ方やコツを紹介!!

      2018/06/01

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

ベイトリールでピッチングを使用!ピッチングの投げ方やコツを紹介!!

ピッチングは正確にキャストすることができて、オーバーヘッドキャストに比べて着水音も少ない投げ方です。今回の記事ではピッチングの投げ方を紹介します。

 

 

 

ピッチングは近距離にキャストするときにオススメのキャスティグ方法です。フリッピングに比べて飛距離が出やすいので、フリッピングで狙えないところはピッチングで狙います。

 

正確にキャストすることができて、手返しも早いのえ、オーバーハングの下やカバーの周りなどをテンポよく狙っていくことができます。

 

今回の記事では、ピッチングの投げ方を紹介するので、ピッチングの投げ方がよくわからない方は読んでみてください。

 

 

 

ピッチングとは

 

 

ピッチングはバズ釣りでよく使われる、キャスティグ方法です。

 

近距離を狙うキャスティグ方法で、15メートルぐらいの距離にキャスティグすることができます。

 

低い弾道でキャストすることができるので、着水音を抑えることができます。着水音を抑えることができるので、ブラックバスに警戒心を与えずにルアーをキャストすることができます。

 

スレていて警戒心が強くなっているブラックバスは、着水音を聞いただけで逃げてしまうことがあります。

 

なので、スレている状況に有効なキャスティグ方法です。

 

 

 

ピッチングにオススメな状況

 

 

ピッチングは近距離を狙って投げるキャスティグ方法なので、有効な場面とそうじゃない場面があります。

 

なので、ピッチングを使うのにオススメの状況を紹介します。

 

 

カバー撃ち

 

 

アシなどが続いているカバーではピッチングは有効です。

 

狙ったところに正確に投げることができて、手返しもいいので、カバー撃ちをするときにオススメです。

 

カバー撃ちをするときはフリッピングもよく使われます。フリッピングはピッチングよりも飛距離が出ないので、フリッピングで届かない場所はピッチングで狙うのがいいと思います。

 

 

 

サイトフィッシングをするとき

 

 

サイトフィッシングでもピッチングは有効です。

 

サイトフィッシングをブラックバスの警戒心が強くなっていて、またどこにキャストするのかも重要になります。

 

なので、着水音が少なく、キャストが正確なピッチングはサイトフィッシングでも有効なキャスト方法です。

 

近すぎつと警戒心が強くなってしまうので、できるだけ遠くからキャストする必要があります。なので、フリッピングよりもピッチングで狙うのがオススメです。

 

飛距離もある程度でて正確にキャストすることができるので、ミスキャストができない状況などでも使いやすい投げ方なので、ぜひ覚えておくのがいいと思います。

 

 

 

ピッチングのコツ

 

 

ピッチングをすることきは、ベイトリールを細かくセッティングするようにしましょう。

 

ベイトリールをしっかりセッティングしておくとキャスティグしやすくなります。

 

 

メカニカルブレーキを緩くする

 

 

ピッチングをするときはメカニカルブレーキを緩くしておくと、ルアーが少しの力でもスムーズに飛んでいきます。

 

クラッチを切った状態で、スプールが左右にガタつく場合は緩すぎるので、ガタつかないギリギリぐらいまでブレークを緩めておきましょう。

 

 

ブレーキシステムも弱くする

 

 

ベイトリールにはマグネットブレーキや遠心ブレーキなどのブレーキシステムが付いています。

 

ブレーキシステムも弱めにしておくとピッチングはしやすくなります。ただ、弱すぎるとキャスティグしづらくなるので、初めは最大の半分ぐらいにして、少しずる弱めていくようにしましょう。

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ブラックバス