釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

バス釣り初心者の方に最適なラインの選び方を紹介!!

      2018/03/18

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

バス釣り初心者の方に最適なラインの選び方を紹介!!lgf01a201311121900

ライン(糸)の選び方ってわからないですよね。釣具屋さんに行ってみるといろんな種類のラインが販売されています。今回の記事では、バス釣り初心者の方に最適なラインの選び方を紹介します。

 

 

バス釣りのラインには、種類と太さが色々あるので、どれを選べばいのか本当に迷うと多います。

 

 

はじめは店員さんに聞いて購入するのもいいと思いますが、ラインの種類と特徴を覚えて自分で選んでみるのも楽しいと思います。

 

ルアーやロッドだけでなく、ライン選びもバス釣りを上達させるためには大切なことです。

 

 

今回の記事では、バス釣り初心者の人に最適なラインの選び方を紹介しするので、どんなラインを選べばいいのかわからない方は是非読んでみてください。

 

 

それでは、ラインの選び方を紹介します。

 

1、ラインの種類

 

 

 

ラインは使われている素材によって種類が分けられています。

 

素材によってそれぞれ特徴があるので、まずはラインの種類と特徴を紹介します。

 

 

1−1ナイロンライン


サンライン(SUNLINE) ナイロンライン バススペシャル HG 100m 4号 16LB
ナイロンラインは1番値段の安いラインなので、バス釣り初心者の方にはオススメです。

 

比重が軽いので、トッププラグでよく利用されているラインです。

 

しなやかで扱いやすいラインで、スプールにもよく馴染み扱いやすいのが特徴です。

 

 

ただ、紫外線によって劣化する、水を吸いやすく切れやすい、伸びるので感度が悪いなどのデメリットもあります。

 

 

1−2フロロカーボン


クレハ(KUREHA) ライン シーガー R18 バス 240m 14lb
バス釣りではフロロカーボンのラインを使っている人が多いです。

 

 

ラインがあまり伸びないので感度が良く、水もあまり吸わないので、耐久性もナイロンラインに比べて優れています。

 

ナイロンに比べて硬いので扱いづらく、値段も高いですが、それでもフロロカーボンの方が人気は高いです。

 

比重が重いので、ナイロンラインに比べて水に沈みやすいって特徴があります。

 

 

1−3PEライン


ダイワ(Daiwa) PEライン エメラルダスセンサー ホワイト +Si 150m 0.8号 10lb 7lb ホワイト
PEラインはフロロカーボンやナイロンのラインに比べて高価なラインです。

 

値段は高いですが、強度は高いので他のラインに比べて細いラインを使うことができます。

 

ラインを細くすることで、飛距離が伸びるなどのメリットもあります。伸びがほとんどないので、感度は他のラインに比べてすごく高いです。

 

比重が軽くラインも細いので風に弱くロッドやガイドに絡んでしまうことがあります。スレに弱く、結束強度も弱いのでバス釣りを始めたばかりの人は使いづらいと思います。

 

 

使いやすいラインではありませんが、値段も安くなってきたので、PEラインを使用する人も増えてきています。

 

初心者の方はフロロかナイロンのラインを選ぶようにするのがいいと思います。

2、ラインのポンド・号

 

 

ラインの号は太さを表していて、ポンドは強度を表しています。

 

バス釣りになどのルアーフィッシングに使われるラインは、ポンドで表示されていることがほとんどです。

 

ただ、中には号で表示されているのもあるので気をつけてください。1号=4ポンドって覚えておくといいと思います。

 

 

ロッドにはそのロッドに適したラインのポンド数が書かれています。ロッドの根元の方に4〜8Lb Line(Lb=ポンド)などと書かれているので確認してみてください。

 

 

この最適な範囲よりも下回ったポンドのラインを使うとラインがロッドのパワーに負けて切れてしまうし、最適な範囲を上回るラインを使うと、ロッドがラインのパワーに負けて折れてしまうことがあるので注意してください。

 

 

 

3、初心者におすすめのラインは?

 

 

 

ナイロンのラインの方が扱いやすいので初心者の方にはおすすめですが、慣れればフロロカーボンもそんなに扱いにくいというわけではないので、最初からフロロカーボンを選ぶのもいいと思います。

 

実際にバスプロなどを見ると、フロロカーボンのラインを使っている人が多いです。

 

 

ラインのポンドは使うルアーや使うロッドによって違うので、一概には言えませんが、バーザタイルロッドであれば、スピニングリールの場合は5ポンド、ベイトリールの場合は10〜14ポンドの間が良いと思います。

 

安すぎるラインや安売りしているラインは強度が悪かったりするので避けるようにしましょう。

 

 

ナイロンのラインは紫外線によって劣化するので、安売りしているラインは紫外線によって劣化していることがあるので避けるのが無難です。

 

自分で選ぶのが難しいと思ったら、店員さんに聞いて購入するのが良いと思います。店員さんであれば、色々なラインを使ったり、触ったりしている良いラインを紹介してくれると思います。

 

こんな記事もオススメです。



この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ブラックバス