釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

フロッグの使い方とオススメのフロッグを紹介!!

      2018/03/18

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

フロッグの使い方とオススメのフロッグを紹介!!フロッグはトップウォーターの釣りの中でも楽しい釣りです。フロッグでなければ釣れない魚が釣れるのが魅力のひとつだと思います。今回の記事ではフロッグの使い方とオススメのフロッグを紹介します。

 

フロッグを使いこなすことができれば、今まで狙うことが出来なかったポイントを攻めることが出来るので、今まで釣れなかったブラックバスを釣ることが出来ます。

 

 

フロッグはソフトルアーに似ていてナチュラルなアクションをすることが出来ます。使ってみると本当によくバイトするルアーだってことがわかると思います。

 

夏場などブラックバスが水面を意識する季節にはぜひ使ってほしいルアーです。

 

 

今回の記事ではフロッグの使い方を紹介するので、フロッグを使ってみようかなと思っている方はぜひ読んでみて下さい。

フロッグの使い方

 

 

 

フロッグはルアーの中で1番根掛かりがしづらいルアーです。

 

蓮の葉の上などを泳がせるルアーなので、フックが上を向いています。フックが上を向いているので、根掛かりをすることはありません。

 

リリーバッドなど他のルアーでは攻めることが出来ないところガンガン攻めることが出来るルアーです。

 

 

使い方はリリーバッドに投げでちょんちょんとアクションをつけながら巻くだけです。

 

 

アクションのつけ方によっては魚に見えたり虫に見えたりするルアーです。

 

フロッグを投げる時はリリーバッドの薄いところの少し奥に投げで、アクションをつけながらリリーバッドの薄いところを通すにようにしたほうがいいと思います。

 

 

ポッパータイプのフロッグはカバーが薄い場所じゃないと使うことが出来ないので注意して下さい。

 

また、バスを寄せる場所も考えないといけません。リリーバッドが薄い場所から上げるようにしないと根に引っかかってバスを上げることが出来ません。

 

 

フロッグを使うときはタックルはベイトタックルで使用して下さい。

 

 

小さなフロッグであればスピニングで使うこともできますが、それでもラインのlbは10lbぐらい必要になります。

 

 

フロッグは障害物の近くで使うルアーなので、細い糸や柔らかいタックルでは、ブラックバスを障害物がら引き上げる事が出来ません。

 

 

リリーバッドに潜っていったブラックバスを引き上げる為にもベイトタックルでラインの太さは20lbぐらいのものを用意するようにしましょう。

 

 

 

 

フロッグの選び方

 

 

 

フロッグのルアーを選ぶときは針先とボディーの柔らかさが重要です。

 

針先は研いで尖らせたりも出来ますがボディーは元から柔らかいものを選んだ方がいいと思います。

 

ボディーに穴を開けて中の空気を抜けやすくすることもできますが、ボディーはいじらないほうがいいと思うので初めから柔らかいボディーのフロッグを購入するのがいいと思います。

 

 

フロッグはフッキングが難しいルアーなので、ボディーが硬いとフックが出てこず、フッキングすることが出来ません。

 

ボディーが柔らかいと雷魚を釣やナマズを釣ったときに壊れてしまうことがありますが、フッキングのしやすさから考えると柔らかいボディーのブロックがオススメです。

3、オススメのブロック

 

 

 

3−1メガバス トノサマフロッグ


メガバス(Megabass) ルアー PONY GABOT Jr. キヒガエル

メガバスから出ているフロッグです。

 

飛距離がよく出るルアーでアクションもしやすいのでオススメです。

 

フロッグを使ったことがない方は使いやすいこのルアーがオススメです

 

 

3−2エバーグリーン キッカーフロッグ


エバーグリーン(EVERGREEN) フロッグ キッカーフロッグ 5.8cm 13.5g ドルクス 220

キッカーフロッグは定番のフロッグです。

 

小さいので使いやすいフロッグです。フックング率もいいフロッグなので使いやすいと思います。

 

こんな記事もオススメです。

 

バズベイトの使い方とオススメのバズベイトを紹介!!

夏こそトップウォーターを使おう!トップウォーターの種類と使い方を紹介!!

クランクベイトの使い方とオススメのクランクベイトを紹介!!

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ブラックバス