釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

バス釣りを始めよう!バス釣りに必要な道具とどこにバスがいるのかを紹介!!

      2018/03/18

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

バス釣りを始めよう!バス釣りに必要な道具とどこにバスがいるのかを紹介!!lgf01a201311121900

バス釣りを始めてみようと思っても何を買えばいいのかどこに行けばいいのかってわからないですよね。今回の記事では、バス釣りに必要な道具とどこにバスがいるのかを紹介します。

 

 

バス釣りを始める場合は色々な道具が必要になります。ロッドやリール、ラインやルアーなどの組み合わせも大切です。

 

 

これからバス釣りを始めようって方には組み合わせを考えたりするのは大変だと思います。種類も多いので、何を購入すればいいのかってわからないですよね。

 

今回の記事では、バス釣りを始めるために必要な道具とどこにバスがいるのかを紹介するので、バス釣りを始めようと思っている方はぜひ読んでみてください。

1、バス釣りに必要なもの

 

 

 

バス釣りをするにはタックルが必要です。

 

タックルとはロッド、リール、ライン、ルアーのことを言います。

 

ロッド、リール、ライン、ルアーがセットになっている、タックル一式セットも安い値段で販売しているところもあります。

 

 

しかし、値段が安すぎるものは精度や耐久性が悪く、結局壊れてしまって新しいロッドが必要になったりすることがあります。

 

タックルをそろえる場合はロッドとリールは別々に購入するのがいいと思います。安いものだと壊れてしまったりすることがあるので、ロッドとリールは5000円以上のものを購入するのがいいと思います。

 

 

 

 

1−1ロッド


アブガルシア(Abu Garcia) スピニング ロッド クロスフィールド XRFS-702L
ロッドはとても沢山の種類があります。ロッドの長さやロッドの硬さなど本当に様々なロッドがあるので、どんなロッドを購入すればいいのか迷うと思います。

 

バス釣りのロッドは使うルアーや状況を想定して作られています。なので、ルアーの相性が合っていないと操作性が悪くなってとても使いづらくなってしまいます。

 

 

バス釣りに慣れてくれば、このぐらいの長さでこのぐらいの硬さのロッドが欲しいと思うようになりますが、初めのうちは使いやすいバーサルロッドを購入するのがいいと思います。

 

バーサルロッドとはどんなルアーや状況でも使いやすい汎用性の高いロッドのことを言います。

 

 

汎用性が高いので、色々なルアーを使うことができます。もちろん使えるルアー、使えないルアーがありますが、普通のロッドよりも使える幅は広いので、これからバス釣りを始める方にはオススメです。

 

メーカにもよりますが、バーサルロッドの柔らかさは、ミディアムライト(ML)かミディアム(M)で長さは6〜7ftのロッドが多いです。

 

1−2リール


ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 2506H (2500サイズ)
バス釣りのタックルにはスピニングとベイトの2種類があります。

 

ベイトタックルはキャストする時に少し練習が必要で投げるのが難しいので、バス釣り初心者の方はスピニングタックルを購入するのがいいと思います。

 

スピニングタックルとベイトタックルではそれぞれロッドもリールも違うので購入する際には気をつけてください。

 

スピニングリールを購入する場合はお店に行って実際にリールを触ってみて選ぶのがいいと思います。

 

サイズは2000〜2500番のものを購入するのがいいと思います。

 

1−3ライン


サンライン(SUNLINE) ナイロンライン バススペシャル HG 100m 3.5号 14LB
ラインはナイロン、フロロカーボン、PEラインの3種類があります。

 

これからバス釣りを始める方にはナイロンのラインがいいと思います。

 

ナイロンのラインは他のラインに比べて値段が安く使いやすいのでオススメです。他のラインは値段が高かったり、慣れないと使いづらくれライントラブルを起こしてしまうことがあります。

 

 

なので、初めてバス釣りをする方は値段が安くて扱いやすいナイロンのラインがいいと思います。

 

 

 

1−4ルアー

 

 

ルアーにはソフトルアーとハードルアーの2種類があります。

 

ソフトルアーとは柔らかいワームのことを言い、ハードルアーは固い素材で作られているルアーのことを言います。

 

ハードルアーよりもソフトルアーの方が釣れやすいので、バス釣り初心者の方はソフトルアーをいくつか購入するのがいいと思います。

2、バスはどこにいるのか

 

 

 

ブラックバスがどこにでもいます。

 

野池や川などどんなところにもいるので、自分が住んいる県の名前とバス釣りで検索すればいくつかのポイントが見つかると思います。

 

ただ、釣り場に行ってもちゃんとバスがいるポイントを狙わないと釣果を上げることができません。

 

ブラックバスは身を隠せる障害物の近くにいます。障害物とは、アシの周りや水草の下など様々です。

 

日陰になっている場所や杭や壁などの周りにはブラックバスが付いているのでそういう場所を探すようにしてください。

 

バス釣りに行ったらバスがいそうだなって思う場所にどんどんキャストするようにしましょう。

 

こんな記事もオススメです。



この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ブラックバス