バスフィッシングを始めよう!失敗しないバスフィッシングの始め方を紹介!!

ブラックバスは身近な川や池などに広く生息しているので、バスフィッシングは手軽に始めることができる人気の釣りです。今回の記事ではバスフィッシングの始めたかについて紹介します。

 

 

ブラックバスは日本に広く生息していて、身近な川や池などに生息しているので、比較的手軽に始めることができる釣りです。

 

手軽に始めることができて、ゲーム性もあるので、とても人気がある釣りの一つです。

 

今回の記事では、バスフィッシングの始め方を紹介するので、バス釣りを始めてみようと思う方は読んでみてください。

 

 

 

バスフィッシングの始め方

 

 

ブラックバスは日本に広く生息しているので、自宅の近くの川や池などでも釣ることができると思います。

 

比較的簡単に釣ることができる魚なので、初めて釣りをする方でも簡単に釣ることができると思います。

 

簡単にバスフィッシングの始め方を紹介します。

 

 

 

タックルを用意しよう

 

 

まず道具がないとブラックバスを釣ることができないので道具を用意しましょう。ロッド、リール、ライン、ルアーをひとまとめにしてタックルと呼びます。

 

タックルさえあればバスフィッシングを始めることができるので、タックルを用意しましょう。

 

タックルは値段の安いセットのものも販売されています。あまりお金をかけずに釣りを楽しみたい場合はセットのものを購入するのもいいと思います。

 

ただ、長く使うことを考えるなら、少しいいロッドとリールを購入するのがいいと思います。ロッドやリールの選び方はこちらの記事で紹介しているので、こちらの記事も読んでみてください。

 

 

 

ブラックバスがいるポイントを探そう

 

 

ブラックバスは大体どこの川や池にも生息していますが、釣りに行く前にあらかじめネットなどで調べてから行くのがいいと思います。

 

釣れないポイントで釣りをしていてもつまらないので、なるべくいいポイントを探してみましょう。

 

釣り場に通ったり足を使って探していると良く釣れるポイントを見つけることができます。

 

いい釣り場が見つかって良く釣れるように慣ればバス釣りも楽しくなってくるので、ぜひブラックバスのポイントを探してみてください。

 

 

 

バスフィッシングのコツ

 

 

ブラックバスは簡単に釣りことができます。ただ、いくつかポイントがあるので、簡単にブラックバスを釣るコツを紹介します。

 

 

ストラクチャーを探す

 

 

ストラクチャーとは水中にある変化のことを言います。

 

水中のある杭やブロックなどの障害物や流れが変化しているポイントを探しましょう。ブラックバスはそういった変化のある場所の近くにいることが多いです。

 

ブラックバスがついていることが多いストラクチャーについてはこちらの記事で紹介しているので、こちらの記事も読んでみてください。

 

 

 

釣れる時間に釣りに行こう

 

 

ブラックバスに限らず魚には釣れやすい時間帯があります。なので、釣れやすい時間帯に釣りに行ったほうが魚は簡単に釣りことができます。

 

朝まずめと夕まずめと言って、日の出と日の入り周辺の時間帯が魚がよく釣れる時間帯です。逆に昼間は魚が釣れずらい時間になります。

 

なので、バスフィッシングをするなら、日の出前に釣り場について釣りを始めるのがいいと思います。

 

 

 

釣れるルアーを使う

 

 

ルアーにはたくさんの種類があります。

 

最初は良く釣れる実績のあるルアーを使うのがいいと思います。また、ハードルアーよりもワームといったソフトルアーの方が良く釣れるので、ソフトルアーを使って釣りをするのがいいと思います。

 

ジグヘッドにミミズなどの餌をつけて釣る方法もあります。ワームを使うよりも簡単に釣りことができるので、どうしてもブラックバスを釣りたい場合は使ってみるのもいいと思います。