釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

バス釣り用のベイトリールは何がいい?オススメのベイトリールを値段別に紹介!!

      2018/03/31

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

バス釣り用のベイトリールは何がいい?オススメのベイトリールを値段別に紹介!!odr0003-002

ベイトリールってかっこいいですよね。私もバス釣りを始めたばかりのことをベイトリールを使いたいと思っていました。でも、ベイトリールって何を選べばいいのかわかならいですよね。今回の記事ではベイトリールの選び方とバス釣りにオススメのベイトリールを値段別に紹介します。

 

ベイトリールは安いものから高いものまで様々です。

 

 

やはり値段によって性能も違うので安すぎるものを購入してしまうと、バックラッシュばかりしてしまいます。

 

バックラッシュばかりしてしまうと、バックラッシュを直す時間が増えて釣りを楽しむことができなくなってしまいます。

 

 

値段が高いリールの方がキャストもしやすく飛距離も伸びるので、バス釣り初心者の方は最低でも5000円以上のものを選ぶようにするのがいいと思います。

 

今回の記事では、ベイトリールの選び方と値段別にオススメのベイトリールを紹介するので、ベイトリールを購入しようと思っている方はぜひ読んでみてください。

 

 

それではベイトリールの選び方と値段別オススメのベイトリールを紹介します。

 

 

 

ベイトリールとは

ベイトリールとはスプールが回転することで、ラインを放出する構造になっているリールです。スプールが回転してラインを送り出すので、着水と同時に親指でリールの回転を止めないと、スプールが空回りしてバックラッシュして今います。

 

初めのうちはバックラッシュによるライントラブルが多いので、初心者の方には扱いづらいリールですが、巻き抵抗の大きなルアーを使うことができるます。スピニングリールとベイトリールを使い分けることで、快適に釣りをすることができるので、バス釣りに慣れてきたら、ベイトリールを使ってみてください。

 

ベイトリールを使うメリット

 

 

ベイトリールの最大のメリットは、手返しの良さです。スピニングリールでキャストする場合、ベールアームを起こして、指にラインをかけて、キャストする必要があります。ベイトリールの場合は親指でクラッチを押して、そのままスプールを抑えるだけでキャストすることができます。

 

また、巻きパワー強いので、巻き抵抗が大きいルアーが使えたり、太いラインを使ってカバーの中からバスを引き抜いたりすることができます。スピニングリールではできない釣り方ができるので、ベイトリールがあるととても重宝します。

 

ベイトリールの選び方

 

ベイトリールは色々なメーカーから販売されていて、種類も価格も様々です。初めてベイトリールを購入する場合は何を選べば良いのかわからない方も多いと思います。初めてのベイトリールを購入する時に必要な知識を紹介するので、読んでみてください。

 

利き腕で巻けるリールを選ぶ

 

 

ベイトリールには左ハンドルのものと右ハンドルのものがあります。スピニングリールと違ってベイトリールはハンドルを交換することができません。なので、どっちのハンドルが扱いやすいか考えてから購入するようにしましょう。

 

 

スピニングの場合はロッドを動かすことが多いので、利き手でロッドを動かして、利き手じゃない方の手でリールを巻いた方が使いやすいですが、ベイトリールの場合はロッドを動かすよりもリールを巻いている時間の方が長いので、利き手でリールを巻くのがオススメです。

 

ギア比の違い

 

 

ギア比とはハンドルを1回転に対して、スプールが何回転するのかを表した比率です。ギア比にはローギア、ノーマルギア、ハイギアがあります。初めてベイトリールを購入する場合はギア比の違いを知るためにもノーマルギアがオススメです。

 

バス釣りに慣れてきたら、状況に合わせてローギアやハイギアのベイトリールを用意するのがいいと思います。

 

 

 

それでは値段別にオススメのベイトリールを紹介するので、読んでみてください。

 

 

 

1、5000円前後でオススメのベイトリール

 

 

 

5000円前後のベイトリールはブレーキの調整が荒いので、バックラッシュしないように調整しようと思ったら、ブレーキが少し強めにかけなければいけません。

 

ブレーキが強くなるので、飛距離がでづらくなってしまいます。ベアリングの数も値段の高いモデルに比べて少ないので、巻き心地も良くありません。

 

 

素材も安いものを使っているので、重量があって値段の高いモデルに比べて重い作りになっています。

 

使うことはできるし、コストパフォーマンスはいいと思いますが、お金に余裕があるなら、上位のモデルを購入するのがいいと思います。

 

 

 

1−1シマノ バスライズ


シマノ(SHIMANO) リール ベイトリール 18 バスライズ
シマノのバスライズは5000円以内で購入することができるベイトリールです。5000円前後のベイトリールの中ではとても使い易い種類になります。

 

入門用としてや、子供へのプレゼントなどにはいいと思います。

 

 

1−2NEW バスワンXT


シマノ (SHIMANO) ベイトリール 17 バスワンXT 150 右ハンドル

値段は6000円ぐらいです。値段の安いベイトリールの中では使いやすく人気の高い種類です。

 

 

1−3ダイワ バレッタ


ダイワ(Daiwa) ベイトリール バレッタ 100H

ダイワのバレッタも6000円前後で購入することができます。

 

正直言ってこのぐらいの価格帯であれば性能は似たり寄ったりです。この価格帯でベイトリールを探すなら、見た目が気に入ったものを選んだりするのがいいともいます。

 

 

 

 

2、1〜2万円でオススメのベイトリール

 

 

 

軽くて丈夫なリールが良い、ブレーキ性能がすぐれているのが良い、軽量ルアーも使いたい、などのニーズに応えられるベイトリールが欲しいと思ったら、1万円以上は出さないと購入することができません。

 

 

すべての要望に応えてくれるわけではありませんが、5000円前後のベイトリールに比べれば性能はよくなています。

 

安いベイトリールを購入しても、使いづらくてすぐに新しいのが欲しくなってしまってはもったいないので、これからバス釣りを始めようと思う方や初心者の方でも1万円以上のベイトリールを購入した方がいいと思います。

 

 

2−1シマノ シティカ


シマノ (SHIMANO) ベイトリール 15 シティカ 200HG 右ハンドル

20,000円前後で購入することができるベイトリールです。

 

バーサタイルベイトリールとして開発されて、色々な使い方ができる万能のリールです。

 

 

2−2ダイワ タトゥーラ


ダイワ(Daiwa) ベイトリール タトゥーラ SV TW 6.3L

こちらは16,000円前後で購入することができます。

 

自重はシティカにが210gなのに比べてタトゥーラは220gなので少し重いかもしれませんが、よく飛ぶリールなのでオススメです。

 

見た目もかっこいいのでオススメです。

3、2〜3万円でオススメのベイトリール

 

 

 

このぐらいの価格帯からベイトリールを選ぶ人が多いと思います。

 

私もこのぐらいの価格帯のベイトリールを使っています。

 

 

2万円ぐらいだせば、性能の高いベイトリールを選ぶことができます。安いものとはやはり性能も違ういます。

 

 

初心者の方でもお金に余裕があるなら、2〜3万円前後のベイトリールをオススメします。

 

 

3−1シマノ スコーピオン


シマノ (SHIMANO) ベイトリール 16 スコーピオン 70 右ハンドル

シマノのスコーピオンは先ほど紹介したシティカの上位モデルです。

とても人気があり使っている人も多いです。

 

3−2アブガルシア REVO


アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール REVO ALC-IB6-L バス釣り

私が使っているのもアブガルシアのREVOシリーズです。

とても使いやすいベイトリールで見た目もかっこいいのでとても気に入っています。

 

2万円前後で購入することができるベイトリールです。2万円前後でベイトリールを購入したいと思ったらスコーピオンかREVOのどちらかがいいと思います。

 

こんな記事もオススメです。

 

 

初心者におすすめのルアーとは?バス釣り初心者におすすめのルアーを紹介!!

これからバス釣りを始める方へ!!オススメのバスロッドを紹介!!

ベイトリールを使おう!!ベイトリールの正しい投げ方を紹介!!

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ブラックバス