釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

ベイトリールを使おう!!ベイトリールの正しい投げ方を紹介!!

      2018/03/05

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

ベイトリールを使おう!!ベイトリールの正しい投げ方を紹介!!odr0003-002

ベイトリールをうまく投げられないって方も多いのではないでしょうか、ドラグをちゃんと設定して、正しい投げ方で投げれば誰でもすぐに投げられるようになります。今回の記事ではベイトリールの正しい投げ方を紹介します!!

 

ベイトリールはスピニングリールに比べて扱いが難しいリールです。

 

ベイトリールはキャストする時、スプールはキャストした勢いで回転します。

 

スプールは自身が回転することでラインを送り出すのですが、飛んでいくラインの量よりもスプールが送り出すラインの量が多くなってしまうとスプールに巻いてあるラインがたるんでぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

釣りを始めたばかりだと、バックラッシュすることも多いと思いますが、バックラッシュばかりしていると、釣りをしていても楽しくないですよね。

 

なので、ベイトリールを使うなら、ベイトリールの投げ方を覚えるのが良いと思います。

 

今回の記事では、ベイトリールの投げ方について紹介するので、ベイトリールを使おうと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは、ベイトリールの投げ方を紹介します。


1、ブレーキの設定をしよう

 

 

 

まずベイトリールを使い場合はブレーキをちゃんと設定しましょう。

 

ベイトリールにはメカニカルブレーキと遠心ブレーキorマグネットブレーキの2つのブレーキが付いています。

 

メカニカルブレーキはスプールがガタつかなくなるところまで締めるのが基本です。

 

遠心ブレーキとマグネットブレーキは少し強めにかけておけば、バックラッシュはしづらくなります。

 

基本はクラッチを外して、スプールから親指を離した時にルアーがゆっくり落ちるぐらいの感じにブレーキをかけます。

 

最初は強めにブレーキをかけて、慣れてきたら少しずつブレーキを緩めながら使うのが良いと思います。

 

ベイトリールのブレーキの設定方法は別の記事で書いてあるのでそちらを確認してください。

ベイトリールを使おう!ベイトリールのブレーキの設定方法を紹介!!

 

 

 

2、サミングを覚えよう

 

 

 

ベイトリールを使うときは、サミングを覚えましょう。

 

サミングはリールを握っている親指の腹を使ってスプールにブレーキをかけることを言います。

 

クラッチを外してキャストした時に、親指の腹の位置をスプールに当たるか当たらないかのところでキープします。

 

こうしておくことで、出ていくラインの量よりもスプールが送り出すラインの量が増えて、スプールに巻いてあるラインがたるんでも、親指にあたりブレーキがかかります。

 

 

また、アクシデントがあって木にルアーがぶつかってしまったりした時に咄嗟にスプールの回転を止めることもできます。

 

着水した時も、スプールの回転を止めないとバックラッシュしてしまうので、ちゃんとサミングしてスプールの回転を止められるようにしておきましょう。

 

3、ベイトリールの投げ方

 

 

 

正しい投げ方で投げれば、それだけ飛距離も伸びます。

 

はじめに変な癖をつけずに、正しい投げ方を覚えた方が釣りの上達も早いと思います。

 

 

 

オーバーヘッドキャスト

 

 

オーバーヘッドキャストは基本の投げ方です。

 

初めてベイトリールを使う方はこの投げ方から覚えるようにしましょう。

 

オーバーヘッドキャストをするときはベイトリールを体の方へ倒して投げます。ベイトリールが上を向いていると手首が曲がらないのでスナップを効かせたキャストが出来ません。

 

手首を倒してベイトリールを体の方に倒して投げれば、手首が曲がりやすくなるのでスナップも効いてキャストしやすくなります。

 

片手でキャストするより、両手でロッドを握ってキャストした方が安定します。
はじめのうちは、利き腕と逆の腕でロッドエンドを握りながらキャストするようにしましょう。

 

真上に向かって振りかぶりまっすぐロッドを振り下ろすことで正確にキャストすることができます。

 

最初は重めのルアーを使って重さをちゃんと感じながら、どこのタイミングでスプールから指を離せばいいのかを覚えましょう。

 

 

 

サイドキャスト

 

 

サイドキャストはロッドを水平に振ってキャストする投げ方です。

 

頭上に木などの障害物があってオーバーヘッドキャストをすることが出来ない時に使います。

 

最初の姿勢はオーバーヘッドキャストと同じです。両手でロッドを持ち、クラッチを切って、親指の腹でスプールを止めます。

 

ルアーを20センチほど出して、水平に振りかぶり、水平に振り抜きます。

 

この時に振りかぶった時と同じ場所を通って振り抜かないとキャストが安定しません。

 

水平に振りかぶったら、ちゃんと水平に振り抜くようにしましょう。

ピッキングキャスト

 

 

 

ピッキングキャストは下からキャストする投げ方です。

 

飛距離は出ませんが、サイドキャストより下から投げることが出来るので、着水音を静かにすることが出来ます。

 

近場にあるストラクチャーにキャストする時によく使われる投げ方です。

 

ピッキングキャストのやり方は、ルアーをロッドを持つ手の反対の手で持ち、ロッドの先を下に向けます。

 

この時にリールの位置よりラインを出しているとキャストしづらくなるので注意してください。

 

ルアーを持ってロッドを下に向けたら、ルアーを離し振り子のようにキャストします。

 

慣れてくればロッドを上に振って勢いよくキャストすることも出来ますが、最初は難しいので、振り子の力を利用して、キャストする練習をしましょう。

 

慣れてきて、スプールを離すタイミングがわかってきたら、ロッドを振ってキャストするようにしましょう。

 

 

こんな記事もオススメです。

 

バス釣りにオススメのベイトリールを値段別に紹介!!

これからバス釣りを始める方へ!!オススメのバスロッドを紹介

バス釣り初心者の方にオススメ!ラバージグの種類と使い方!!

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ブラックバス