釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

秋はバス釣りが楽しい季節!!秋にオススメのバスの釣り方を紹介!!

      2018/03/18

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

秋はバス釣りが楽しい季節!!秋にオススメのバスの釣り方を紹介!! 

lgf01a201311121900

秋のバスは水温が下がり活性が悪くなる冬に向けてエサを良く食べる季節です。バスの活性が良くなるので、バス釣りをするには楽しい季節です。今回の記事では、秋バスの釣り方を紹介します。

 

秋は水温が高かった夏が終わり、バスの活性も良くなってくる季節なので、バスの食欲も上がり活発に小魚を追うようになります。

 

 

夏は涼しいところに潜んでいたバスが秋になって水温が下がってくるとエサを追って泳ぎ回るようになるので、ハードルアーでの釣りを楽しめるようになるので、とっても楽しい季節です。

 

今回の記事では秋バスの釣り方を紹介するので、興味がある人はぜひ読んでみてください。

 

それでは秋バスの釣り方を紹介します。


バステク 2017夏+秋 旬のバス釣りテクニックあの人の必釣テクを完全公開! (CHIKYU-MARU MOOK)

1、秋バスの釣り方

 

 

 

秋バスは水温の高い夏の季節が終わり、バスの活性が上がり、冬に向けてエサを荒食いする季節なので、ブラックバスが釣りやすい季節です。

 

 

春や夏とはまた違うバス釣りを楽しむことができるのでオススメです。

 

 

秋のブラックバスの習性を知っておけば爆釣れをすることもあるので、まずはバスの習性を知っておきましょう。

 

 

 

 

秋バスは広範囲に散る

 

 

 

夏場はストラクチャーや日陰などでじっとしていたバスが、秋になると広範囲を泳ぎ回るようになります。

 

夏場は水温が高すぎるため、水温の低い場所でじっとしていたバスが、秋になって水温が下がることでフィールド全体を泳ぎ回ってエサを追うようになります。

 

フィールド全体を泳ぎ回っているので、深い場所を泳ぎ回っていたり水面近くを泳ぎ回っていたりするので、居場所がつかみづらくです。

 

 

バスがどこにいるとわからないので、ワームを使ってポイントをゆっくり攻めているとバス出会わず1日が終わってしまうこともあります。

 

秋のバスは広範囲に探ることができるバイブレーションやスピナーベイトで攻めた方がいいでしょう。

 

 

秋はハードルアーの方が釣りやすいのも楽しい理由の一つです。バス釣りを始めたばかりだとワームを使って釣りをすることが多いですが、やっぱりハードルアーを使って釣ってみたいと思ってきますよね。

 

 

そういう人にはぜひ秋にバス釣りに行ってみてもらいたいです。春や夏に比べてバスの活性も高くルアーをよくおってくれるので、ルアーでも釣りやすいのでオススメです。

2、秋バスにオススメのルアー

 

 

 

秋バスは広範囲に散っているので、ブラックバスがいる場所をピンポイントで探ることは難しいです。

 

 

なので、秋は広い範囲を探ることができるハードルアーを使うようにしましょう。

 

 

秋のバスを釣りたいと思ったら、巻物系のルアーを使ってとにかくキャスト数を増やすことが大切です。

 

 

 

スピナーベイト


O.S.P(オーエスピー) ルアー ハイピッチャー 3/8oz TW ST17 スパークアイスシャッド
秋バスの釣りでよく使われるのがスピナーベイトです。

 

スピナーベイトはそもそも人気のルアーですが、秋が1番スピナーベイトで釣りやすい季節だと思います。

 

ストラクチャーを見つけたら近くを通るようにどんどん投げていきましょう。

 

 

バイブレーション


OHF ルアーセット シンキングバイブレーション ルアー フックカバー付き シーバス ブラックバス ヒラメ マゴチ タチウオ サゴシ ワラサ 5.5センチ10グラム 10個セット
バイブレーションも広範囲に探ることができるルアーです。

 

秋バスの中には回遊しているものもいるので、バイブレーションで広範囲に探ることで回遊しているバスを釣ることができます。

 

 

クランク


ダイワ(Daiwa) クランク ベイト ピーナッツII SSR ポンドギル ルアー
クランクを使うことで中層にいるブラックバスを釣ることができます。

 

 

クランクベイトには水面から1〜2メートルの範囲を攻めることができるシャローランナー、2〜3メートルの範囲を攻めるミッドダイバー、3〜5メートルの範囲を攻めるディープダイバーの3種類があります。

 

秋バスはどの水深にいるのかわからないので、表面から深いところまで順番に攻めていきましょ。

 

 

フォールパターンもある

 

 

秋のバス釣りではフォールパターンに強く反応する場合があります。

 

縦の動きによく反応するの時期では、横での動きでは食ってこなくなります。

 

そういう場合は、ネコリグやジグヘッドなどを使うか、スピナーベイトを使うのがいいと思います。

 

 

投げてフォールしているときに食ってくる時があるので、フォールしているとは集中するようにしましょう。

 

フォールで食わない場合はリフト&フォールで攻めてみてください。

 

初心者におすすめのルアーとは?バス釣り初心者におすすめのルアーを紹介!!

3、秋にバス釣りに行く時の注意点

 

 

 

秋は台風も多く水温・水質が変化しやすかったり、水質が悪化しやすくなる時期です。

 

寒くなってくるとターンオーバーと行って水面の水と底の悪い水が入れ替わってしまう現象が起きます。

 

水面をロッドでパシャパシャしたときにできた泡がいつまでも消えない場合は水質が悪くなっている証拠です。

 

水質が悪くなっていると思ったら水質がいいポイントを探すようにしましょう。

 

 

こんな記事もオススメです。



この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - ブラックバス