釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

チョイ投げは簡単に釣れる!!チョイ投げに必要なタックルや釣り方を紹介!!

   

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

チョイ投げは簡単に釣れる!!チョイ投げに必要なタックルや釣り方を紹介!!

チョイ投げは専用のタックルも必要なく、遠投することもないので、家族や恋人と楽しむことができます。今回の記事では、手軽にできるチョイ投げ釣りの釣り方やタックルについて紹介します。

 

 

チョイ投げ釣りでは様々な魚を釣ることができるとても楽しい釣りです。普通の投げ釣りでは専用の竿とリールが必要になりますが、チョイ投げ釣りではライトタックルでできます。

 

 

ロッドとリールと仕掛けがセットになったものも安い値段で販売されているので、初めて釣りをする方にもオススメの釣り方です。

 

今回の記事では、チョイ投げ釣りの釣り方ととオススメのタックルを紹介するので、チョイ投げを初めてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

チョイ投げ釣りで釣れる魚

 

 

 

チョイ投げ釣りでは、色々な魚を釣ることができます。ハゼ、カレイ、シロギス、アイナメ、メゴチ、カザゴ、アナゴ、カワハギ、などあげたらきりがないほど色々な魚が釣れます。

 

何が釣れるかわからないのも、チョイ投げの魅力の一つです。時期やポイントを選ぶことで、釣りたい魚を狙うことができます。

 

 

 

チョイ投げ釣りのシーズン

 

 

チョイ投げ釣りは通年できる釣りです。季節によって釣れる魚が違います。暖かい季節だとシロギスやハゼを釣ることができて、寒い時期だとカレイやアイナメなどの魚を釣ることができます。

 

どの季節でも何かしら魚を釣ることができるので、いつでも始めることができます。

 

 

 

チョイ投げのポイント

 

 

チョイ投げ釣りでは堤防や漁港の他に砂浜などで行われることが多いです。海底が岩場だと根掛りが多くなってしまうので、そういった場所は避けるのがいいと思います。

 

ただ、根掛りしやすいポイントは魚がついていることが多いので、投げ釣りに慣れてきたら、そういったポイントを攻めてみるのもいいと思います。

 

 

 

チョイ投げに必要なタックル

 

 

初めて釣りをする方は竿とリールと仕掛けがセットになっているものを使うのがオススメです。

 

釣りに慣れてきて、こんな釣りがしたいやこんな魚が釣りたいと思ったら、釣り具を揃えるようにするのがいいと思います。餌はイソメやゴカイを使うのが一般的です。

 

 

 

チョイ投げにオススメの竿


プロマリン(PRO MARINE) PG わくわくチョイ投げセットDX 300 (TRS-30GS)
チョイ投げ用の竿は2〜3.5メートルの短めの竿が使いやすくてオススメです。チョイ投げ用に竿を用意しなくても、バス用やシーバス用のロッドを使うことができます。

 

 

チョイ投げ用のロッドを購入するよりも他の釣り用のロッドを流用するのがいいと思います。

 

 

チョイ投げにオススメのリール


ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 2500
チョイ投げでは1500〜2500番のスピングリールが使われます。ラインが100メートル巻ければ問題なく使うことができます。

 

リールも他の釣りに使うことができるので、他の釣りに使うことを考えて選ぶのがいいと思います。

 

 

 

チョイ投げにオススメのライン


デュエル(DUEL) カーボナイロンライン CN500 500m 2号 クリアー H3452-CL
チョイ投げ釣りでは2〜4号のナイロンラインがよく使われます。海釣りの場合はラインが傷みやすいので、何度か釣りに行くと交換する必要があります。

 

交換することを考えると、500メートル売りしているものの方がコスパがいいのでオススメです。

 

 

 

仕掛け


ささめ針(SASAME) K-002 チョイ投3本針 7号1.5
仕掛けは各メーカーから販売されています。針と道糸のみの商品や針と道糸とオモリがセットになっている商品があります。

 

仕掛けを作るは面倒だと思うので仕掛けのセットをいくつか用意して行くのがいいと思います。

 

 

 


マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ(中) 青イソメ
餌はゴカイやイソメを使うのが一般的です。ワームを使うこともできるので、生きている餌が苦手な方はワームを使うのがいいと思います。

 

 

 

チョイ投げ釣りの釣り方

 

 

チョイ投げ釣りは竿をゆっくりとあおったり、リールをゆっくりを巻いて、仕掛けを手前に動かしながら、魚がいるポイントさ探ります。

 

ただ、ゆっくり巻いてくるだけで魚を釣ることができますが、もっとたくさんの魚を釣りたい場合はいくつかのことに注意しながら釣りをしてみてください。

 

 

 

かけあがり、障害物を探す

 

 

海底にはカケアガリと呼ばれる少し盛り上がってる斜面があります。こういった斜面には魚がつきやすいです。

 

仕掛けをズルズルと引いていると、リールに少し重みを感じることがあります。重みを感じた場所はカケアガリになっているので、少し巻くのをやめてアタリを待ってみてください。また、障害物の近くにも魚は潜んでいます。岩場などがある場合は岩場の近くを通るように投げてみましょう。

 

 

巻いては止める

 

ずっと巻き続けるよりも、巻いては止めるを繰り返している方が魚が釣れます。少し巻いたら時間を置いて、魚の反応がなかったらまた巻くようにしましょう。

 

 

広い範囲を探る

 

同じ場所ばかりにキャストするよりも、あたりがなかったら違う場所にキャストするようにしましょう。周りに釣りをしている人がいる場合は邪魔にならないように注意してください。

 

 

 

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 釣りのコツ