釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

釣りに便利!!釣りをするときに持っておくと便利な道具を紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

釣りに便利!!釣りをするときに持っておくと便利な道具を紹介!!

釣りは、ロッド・リール・ライン・ルアーがあればできますが、ストレスなく釣りをするためには、持っていると便利な道具がたくさんあります。今回の記事では、釣りをするときに持っていると便利な道具を紹介します。

 

釣りはタックルさえあればできるでの、手軽にできますが、ストレスなく釣りをするためには、他にも色々な道具が必要になります。

 

釣る魚によっても必要になってくる道具は変わりますが、ある程度は揃えておいた方がいいと思います。

 

 

怪我なく釣りをするためや、釣った魚を持ち帰ったりする場合はちゃんと道具を揃えて釣りに行くようにしましょう。

 

今回の記事では、釣りをするときに持っていると便利な道具を紹介するので、釣りを始めた方はぜひよんでみてください。

 

それでは、釣りをするときに持っていると便利な道具を紹介します。

 

 

 

1、針はずし

名前の通り針を外すための道具です。高いものじゃないのでも持っておくのがいいと思います。針を深く飲み込んでいる場合や、魚に余計な傷をつけずに針を外すために必要になります。

 

 

 

2、プライヤー

プライヤーとはいわゆる工具のペンチのことです。

 

素手では掴みにくいところに刺さっている針を外しやすいので、ルアーを使って釣りをする場合は必須です。

 

ルアーを外す時、魚が暴れてしまうとフックが手に刺さってしまったりして危険です。なので、ルアーを使って釣りをする場合はプライヤーは用意しておきましょう。

 

プライヤーには先端がL字に曲がっているものがあります。L字に曲がっているものであれば、ルアーのフックを交換するときにも使えるのでオススメです。

 

 

 

3、糸切りバサミ

裁縫道具で使われている糸切りバサミは釣りでも使いやすいのでオススメです。

 

私は、小学生の時に学校で買った裁縫道具に入っていた糸切りバサミを今でも使っています。単純に糸を切る時にも使えるし、魚のお腹を開いて内臓を出す時なんかにも使えます。

 

キャップもついていて、安全に使えるので、おすすめです。100円ショップでも販売されていて、値段も安いので用意しておくのがいいと思います。

 

 

 

4、メゴチバサミ

メゴチバサミとは、魚を掴むためのトングのようなものです。

 

 

海で釣れる魚には、体がヌルヌルしていて掴みにくい魚がいたり、トゲがあって毒針が付いていて、触るのが危険な魚もいます。

 

そういった魚を釣った時に必要になるのがメゴチバサミです。ヌルヌルする魚や毒針のある魚はメゴチバサミがあることで安全に針を外すことができます。

 

海釣りをする場合は危険な魚が釣れてしまうことも、ぜひ持っておくことがいいでしょう。釣具屋さんでも500円ぐらいで販売されていますが、トングでも十分なので、100円ショップでトングを買っておくのがいいと思います。

 

 

 

5、たも網

タモやライディングネットと呼ばれるものです。

 

釣りをしていると予想外に大きな獲物がかかることがあります。足場が高かったりすると魚を上げることができません。

 

折りたたんで小さく収納することができるタイプもあるので、車に積んでいてもそんなに邪魔にはなりません。

 

値段は他の道具に比べて高いですが、ないと困ることも多いので用意しておくのがいいでしょう。

 

 

6、フッシュグリップ

フィッシュグリップとは安全に魚を取り込むために必要な道具です。

 

 

大型魚は力も強く暴れるので、素手で掴もうとするとフックが刺さったりして怪我をしてしまいます。安全にフックを外すためにはフィッシュグリップを使って魚を掴む必要があります。

 

また、鋭い歯を持つ魚もいつので、素手で魚を掴むのは危険です。なので、釣りをする場合は持っておいた方がいいと思います。

 

安いものだと壊れやすいので、フィッシュグリップは安すぎるのは避けた方がいいでしょう。

 

ランディングネットは何がいい?ランディングネットの選び方を紹介!!

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - 釣り道具について, 釣りのコツ