釣り部!!

バス釣り、シーバス、エギング、トラウトなどの釣り情報を紹介します!

アジングのラインは何がいい?それぞれのラインのメリットとデメリットを紹介!!

      2018/01/26

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

アジングのラインは何がいい?それぞれのラインのメリットとデメリットを紹介!!

釣りをするときはライン選びに迷うことは多いと思います。アジングをするときもライン選びには迷うと思います。今回の記事では、アジング用のラインは何がいいのかを紹介します。

 

釣りで使われるラインにはナイロン・フロロカーボン・PEライン・ポリエステルの4種類の素材を使用しているラインが主に使われています。

 

それぞれに長所と短所があるので、アジングをするなら、アジングにあっているラインを使用するようにしましょう。

 

今回の記事ではアジング用ラインの選び方を紹介するので、アジングを始めようと思う方はぜひ読んで見てください。

 

 

それではアジング用ラインの選び方を紹介します。

ナイロンラインのメリットとデメリット

ナイロンラインのメリットは他のラインに比べて安い値段で販売されていて、手頃な値段で購入することができることです。

 

また、適度に伸びがあるので、アジの口に掛かりやすくなります。伸びが少ない感度のいいラインだとバレやすくアジの口に掛かりづらいのですが、ナイロンラインは伸びがあるので、バレずらく掛かりやすいです。

 

デメリットは伸びがある分、感度が低いことと紫外線や海水によって劣化が早いことです。数回釣りに行くとラインの強度が落ちてしまいます。

 

他のラインに比べて劣化が早いので、何度も釣りに行く方はナイロンライン以外のラインを使った方が安上がりになります。

 

 

 

 

フロロカーボンラインのメリットとデメリット

フロロカーボンラインのメリットは伸びが少ないラインなので感度が良いところです。また、ナイロンラインやポリエステルラインに比べて劣化もしにくいラインです。

 

強度もあり根ズレに強いラインなので、シーバスなどを釣るときはリーダーとして使われることが多いラインです。

 

デメリットは巻きグセがつきやすいので、ライントラブルが起きやすいことです。初めて釣りをする方にはトラブルが起きやすいので使いづらいと思います。

 

値段はナイロンラインの次に安いので価格的には使いやすいラインになります。

PEラインのメリットとデメリット

PEラインは他のラインに比べて引っ張った時の強度が強いです。

 

他のラインに比べて数倍の強度があるので、細いラインを使うことができます。また、極細の繊維を編み込んでできているラインなので、伸びが全くなく感度はすごく良いです。

 

劣化がしにくいラインなので長期間使用することができます。他のラインに比べて値段が高いですが長期間使用することができるので、よく釣りに行く方はPEラインを使用するのがいいと思います。

 

デメリットは根ズレやスレに弱いことです。根ズレやスレに弱いので、PEラインを使用する場合はショックリーダーを結ぶ必要があります。毎回ショックリーダーを結ぶのは面倒だったりします。

 

また比重が軽いラインなので風に弱く、風が強い日は釣りにならないことがあります。

 

 

 

 

ポリエステルラインのメリットとデメリット

ポリエステルラインは最近人気のラインです。

 

水に馴染みやすいラインなので、レンジコントロールがしやすいラインです。PEラインの場合、比重が軽いので軽いジグヘッドを使っていると、水深の深いところまでルアーを落とすのが難しくなります。

 

その点、水に馴染みやすいポリエステルラインの場合は軽いルアーでも浮力がないので、深いレンジまでルアーを落としやすくなります。

 

デメリットは急激なショックに弱く、海水や紫外線によって劣化しやすく、根ズレに弱いことです。根ズレに弱いので、使用する場合は必ずショックリーダーを使用しなければいけません。

 

PEラインと同様にショックリーダーを使用しなければいけないので、少し面倒です。

結局アジング用ラインは何が良いのか

 

 

 

アジング用のラインを選ぶなら自分の釣りのスタイルに合わせて選ぶのがいいと思います。

 

初めて釣りをするなら、値段が安くて使いやすいナイロンラインがいいと思います。釣りに慣れていて、積極的にアタリを掛けていきたいと思うなら、伸びが少なく感度の高いポリエステルラインがオススメです。

 

プラグなどを遠投して沖の方を攻める場合は強度があり細いラインを使うことができるPEラインがオススメです。

 

それぞれのラインにはメリットとデメリットがあるので、自分の釣りのスタイルに合わせて使いやすいラインを選ぶようにしましょう。

 

アジング用のロッドは何がいい?おすすめのアジングロッドを紹介!!

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 - アジング